熊花日記

主にアーケードゲームニュースを紹介したり、格ゲーの攻略・格ゲー初心者が強くなる方法などを書いています。 たまにゲーマーとしての日記や思考の解説記事もある。なかったりもする。

[日記]似てる?

友人から借りた、BeatNationSummitを見てて思った。

・beatmaniaIIDXの映像デザイナー、VJGYO

・GUILTYGEARシリーズの産みの親、石渡太輔

この2人、なんか雰囲気が似てる。

「長髪」「イケメン」ってぐらいしか共通点がない気もするけどね。

最近の作業用BGM。

kawaii-radio

http://kawaii-radio.net/


最近、ジャンル特化の海外ネットラジオを聴いてます。

ニコニコ動画の作業用BGMや音楽プレイヤーでシャッフル再生もいいけども、

ラジオは誰かが誰かのオススメ曲を掛けてくれるわけで、自分の中にないものを得ることができます。

そういう出会いを求めていたところ、数年ぶりに「THE LIGHT BEFORE WE LAND」を聴く機会に巡り会いました。

このチョイスを聴いて、「やっぱ良いものに対する評価はグローバルなんだなあ…」としみじみ思ったり。や、別に海外在住のニポン人だったりするかもしれませんが。

ともあれ、ちょこちょこリクエストしてみようかとも思います。

[ゲーム][コラム]本当は厄介なゲーセン人間関係。

「ゲーセンクイーン」の成立条件と生態 - シロクマの屑籠(汎適所属)

http://d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20090107/p1

「人が3人集まれば派閥が出来る」とはよく言ったもんです。

そもそも「ゲーセン」でのコミュニケーションは、どういう風に変化してきていたのだろうか。

続きを読む

ここまでのDisりっぷりってすごいナー。

スベスベマンジュウガニに似てるってよく言われました

http://picnic.to/~zerry/uron.html


同人と商業のお話は素直にベンキョウニナルナーと思いました。

普段の会話(ここだとアニメの作画や動画とか)について簡単に語ってるけど、

それってちゃんと意義や意味を理解した上で話しているのだろうか。


オタク趣味に対して「別に本気じゃねーよw」って(しかもw付き)で言われると、

「この人、何に対しては本気になれるんだろうか?」ともうっすらと考える。

本気になるって、いろいろなものを後腐れなくしてないと行けないわけで、

実際、難しいよね。

ともあれ、事実をぶつけるのと毒を吐くってのは似ているようで違う気がした。

ちょっと面白くなってきた。

今年は人間同士のDisりあい、ひいては「コミュニケーション」という様々なカタチの繋がりを見ていくことが増えそうだ。

[コラム]なんか微妙にDisられていたような気がしたので反論。

イライラしてたら、フォローされてた。


バーストとかゲージ技とかの説明

  • 上のテンプレは「スレにおけるFAQ」として出した物であって、
    「格ゲーって何?」ってレベルの人向けには作ってないです。
    • 「格ゲーって何?」ってレベルの人、テンプレだけじゃ物足りない/分からない人のために作ったのがGGXXWikiです。
      やる気がある人はそちらを見れば良いです。
  • そもそも、テンプレでフレームやリバサなどの格ゲー用語を逐一説明していれば、
    限りあるスレッド容量とレス可能数が圧迫されます。
    またクソ長いテンプレがウザイのでスレ進行が妨げられます。
    それってなんか意味あるのかなー、と。
    • このタイトルだけの要素や新要素をまとめたのがFAQです。

普通バランス調整で何とかする部分じゃね?という。

  • 現在の格ゲーはゲーム好き/マニア/オタクがゆるく遊び、
    ガチ勢が楽しく殺伐に対戦し合うジャンルです。
    • そもそも「スト2が流行していた時代まで盛り上げよう!」なんてのは、
      娯楽や趣味が非常に細分化/多様化している中では無理な話。
  • ゲームプレイヤーのスタートラインもゴールラインも、全員一緒でも一直線じゃないんです。
  • スラバですが、あれは別に対戦時に使わなくてもいい要素です。
    • わし自身が対戦する時はほとんど使ってません。たまにめくりで使う程度。
      しかしスラバの性能を知らずに、どうして「スラバを使わない」という判断が出来るのか?
    • ACでの新要素である以上、
      性能を知らなければ「立ち回りにどう組み込むか」を判断することは出来ないです。
      • 無理に使う必要はないけども知っておかないと『何ソレ?』」ってなるから、
        FAQに突っ込んであるわけで。


雑感。

  • 1F2Fの攻防はマニアだけが知っている要素かもしれませんが、
    別にそんなことを知らなくても格ゲーはおもしれえんです。
    初心者同士が
    「ジャンプしたら昇竜で落とされた!」
    「ジャンプしたはずなのに吸われた! 死んだ!」
    というレベルで盛り上がっているのはすごく大切だと思いますし、それが自然な楽しみ方だと思います。
    放課後に友達とやる草野球やサッカーと同じく、和気藹々とやるから楽しいんです。
    • しかし「友達同士での草野球やサッカーですら負けたくない」からって、
      素振りや走り込みなどを始める人がいます。
      そういう人が、勝つ格ゲーマーになっていくのです。
  • 「旋光の輪舞」にてSTGに格ゲー要素を入れたら、格ゲーなのかどうか分からなくなりました。
    あれ格ゲーなの? 弾幕アクション?
アクセス解析
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
連絡先
Twitter
Youtube
(スティック手元動画、対戦動画などが見れます)
Twitch
(格ゲー中心に配信をやっています)
Recent Comments
リンク
【お約束】
・リンクフリー・アンリンクフリーの精神でやってます。
・TrackBack、コメントばっちこい。

ハイエアフローハウス
スレでみかけた人のブログ。
入谷のところ
25.8MHz
ガラクタ記
友人のイラストレーター。
挑戦者あらわる
先輩。

格ゲー関連
格闘ゲーム総合サイト FFL
〜Fighters Front Line

全国有名ゲーセンまとめwiki


好き好き絵かきさん
Karehaitter
・芦山さん。
柔らかな画風と鮮やかな色彩感覚に惹かれる。


ギルティギア・シリーズ・ブログ
格闘ゲーム ブログランキングへ
Twitter
おすすめ本



一度でも「なぜGoogleのサービスはあそこまでやっているのにタダなのか」と思ったことがある人、この本を読んでみるべき。
無料という価値が生み出すものは、日本人の経済観を根底から覆すものだった…!
ええ、フツーにオススメ出来ます。特に中学生〜高校生ぐらいの人に。




「格ゲー初心者上達論」における、教科書にして集大成と言える一冊。
内容としてはメンタル論や日常における練習の仕方、プロと初心者の「プレイヤー」としての違い、
努力の方向性と質の違い、さらには「『上手くなる』とはどういうことか」などなど。
これらを科学的なデータと理論に基づいて明快に紹介。
こう書くと読みづらい・難解な一冊と感じるが、内容に応じて鮮やかな色使いによる意味分けがされており、
個性的なキャラとイラストを用いた解説も付随して、破竹の勢いで読み進められ、何度も読み返せる内容の濃さを持つ。
まさに「上達という技術」を学ぶには最適な一冊。2011年における「渾身の一冊」として推薦。マストバイ。

記事検索
  • ライブドアブログ