質問

  • したらばとかでキャラ専用スレッドとか見るのですが、キャラ対策とかネタとかコンボとか、すごいよく考えてるな、と感心してしまいます。
  • 自分は対戦する際に相手がそこまで考えてるようにも思えず、基本的にその場のノリでやってるような所がありますが、どうやったらあんな風に緻密な戦法を考えられるようになるのでしょうか?

回答

  • まず、相手も貴方と同じ人間です。貴方が考えているのと同時に、相手も対戦中にいろいろと考えてます。
    それまでの対戦経験や対戦での相手の癖などの要素を判断材料にして、総合的に判断を下しています。

キャラ対策ってどうなってんの?

文章の読み方

  • 最も基本となるのは「キャラ対策のレスや記述などを覚えて、試していく」こと。
    基本的にその場のノリでやってるような所がありますが、事前準備の賜物です
  • 「覚える」っても、書いてあることを「瞬間理解→実践」なんてことは出来る訳がないので、
    「少し覚えて、少しずつ実戦で試す」というのを繰り返していく。
  • そしてそれが「相手に通用するか・しないか」を通じて、自分に馴染ませていく。
  • コンボにしても、トレモや対戦などのいろんな状況で試していって、それが無意識に出来るように身体に覚えさせていく。
    つまり「自分自身を計画的に成長させていく」のがまず必要なことです。


キャラ対策の作り方

第1段階

  • まずは他人の書いたレスや攻略を「基礎」として設定します。
  • 何かを進化・成長させるにはその何かにあたる「原型」が必要です。
    つまりその「誰かが構築した考え方」(=原型)をそっくり模倣し、模倣したモノの不足部分を自分なりに補っていきます。
第2段階

ここでは「不足部分の補い方」を考えます。「不足部分」という言葉が表しているのは、

  • 「相手が『選択しない行動』『よく選択する行動』への対策が分かっていない」

という状態です。で、どうやって補っていくかと言えば、

  • 相手がよく使う技に対する選択肢に勝つ(=リターンが大きいorリスクが少ない)選択肢を覚える
    • 中距離での主要牽制に勝てる選択肢を覚える(例:アクセル立ちPを潰せる技を知る)
  • 相手の狙いを理解し、狙いを外すような選択肢を選ぶ
    • ゲージ溜まったらFB技を連発するような髭・ジャムへの対策(EX:>>826)

など。

※826のレス

髭やジャムなどのFB技からヤバイぐらい減るキャラについての簡単な対策。

  • TGが25%以上合ったらぶっぱやタイミング合わせのFB技を警戒。
  • TGが50%以上あったら、ジャンプでFBや覚醒を誘って空中FDなどでガード。75%あったらDOT青を出すはず。
    • 直下二段を狙ってくる髭使いはマジ厄介なのでディフェンシブに立ち回る。
  • 食らっちゃいけない技を食らわない。髭JHSには空投げによる対空や上から潰すことを意識。
  • 確定サイク、サイクを狙いやすい箇所を覚える。サイク防止コンボ直後やエリアルのつなぎ目は狙い所。
    • テスタのランズも初段の高度さえ合っていればサイク確定。RCされると確定しないけど。

第3段階

ここでは「対策への対策」を考えます。

第1・第2段階で学んだことを利用して対策を構築していくと、勝率はだんだん上がっていきます。

しかし相手も貴方と同じ人間です。こちらが対策すれば、対策の対策をしてきます。

相手が「対策の対策」をしてきた場合、知識として必要なのは「選択肢」「技相性」の2つです。

この2つを使って「読み合い」を行っていきます。

(「読み合い」については非常に長くなるので説明カット。GGXXwikiの初心者項目を読んでね)


技相性に関しては、

  • トレモで友人に手伝ってもらったり、レコーディングを使って検証
  • 相手キャラのキャラスレまとめを観る
  • 過去ログから自分でサルベージ
  • 動画を見て自分なりにメモったりします。

初心者ほど、こういう地味な努力を怠りがちですが、地道な検証や練習が結果的に成長に繋がります。

お互いに技相性を知った上で読み合いが出来るようになってくると、面白い現象が発生してきます。

それが「読み合い拒否」です。

「読み合い拒否」とは

  • 読み合いが成立する状況下であるにも関わらず、「敢えて」読み合いを拒否してリスクを下げる

のが読み合い拒否です。

つまり、

  • 「複雑な読み合いをして膠着状態に陥るよりも、敢えて読み合いを拒否して自らが有利な状況を待つ」

のを狙っていくわけです。

「読み合い拒否」の具体的行動としては「ぶっ放し」や「ガン逃げ」があります。

どちらも行動としては瞬間的なリスクは低めですが、フォロー出来ないぶっぱをミスるとフルコン食らいます。

ガン逃げは「攻め側有利」という設計思想のギルティでは試合展開的に不利になりがちです。

どちらも上手く使いどころを考えて使っていきましょう。

まとめ

  • キャラ対策するにはまず相手キャラ使え
  • 頭を使って良く考え、トレモで地道に調べろ
  • 人の話はよく聞き、人の動きは真似てみる
    (真似てみて、初めて分かることの方が多い)
  • ガンガン対戦しろ 勝っても負けても反省しろ

人のネタはどんどんパクるべきだし、自分なりに頭使ってガンガン対戦してれば、ゲーセンで安定して勝てるようになるまでそうそう時間は掛からんです

ちなみに、「努力してるのに全然勝てない」って人は、

  • 努力の仕方が間違っている
  • 練習時間や経験が相手より不足している

のどちらか。

対戦で負けるのは「自分が相手より弱いから」で、それ以外の理由はないです。

なので常に客観的な目で自分を観て、どこがどう間違っているのかを意識していきましょう。


久しぶりに長文を書いたので転載。

自分なりに言いたいことを濃縮してみたつもりですが、

なんか論旨がイマイチ分かりにくい文章になっていてアッフン