えー。あるか、ないかで言えば、あります。

ただ、「経験則なのですげえ分かりづらいし、頭でわかってるだけじゃ使いこなせない」事が多く、口で伝えるのが非常に難しい問題なのです。

格ゲーは、どういう過程で強くなるのか?

  • 一つの格ゲーをものすげえやり込んで対戦しまくっている人は、莫大なプレイヤー経験値を持っています。
    その経験から「格ゲーのセオリー」(=コツ)を体得しています。
  • なので、やり込んでいる人は別の格ゲーをプレイしても、
    「格ゲーのセオリー」を持っているので上達がすげえ早いです。
  • 逆に、格ゲー初心者は「格ゲーのセオリー」を知らないので、
    少しずつ経験を積んで「格ゲーのセオリー」を実感し、身体に馴染ませていくことになります。
  • つまり、「格ゲーのセオリーを知ることで、格ゲー上達速度は上げられる」というわけです。
  • さて、この「格ゲーのセオリー」とは、具体的にはどういうものなのか?
    ちょいと書いてみようと思います。

「格ゲーのセオリー」って何?

  • とりあえず、自分が知っているものを並べてみます。
    重複もありますが、まあそれはより重要ということで。

ゲームシステム編

  • 体力ゲージ管理が最も重要
  • 最低でも通常ガード、最悪でも通常ガード
  • 状況によってガード方法を使い分けろ
  • 空中ガード出来ないゲームでは安易に飛ばない
  • 中段技と下段技は最優先で覚える
  • 投げはガード不能なので強いが、投げを仕掛けられる間合いは狭い
  • 地上投げでは、空中にいる相手を投げられない
  • ゲーム独自システム、キャラ独自システムは早い段階で理解しよう
  • タイムアップでも勝ちは勝ち

攻撃編

  • 攻撃している間は防御・回避は出来ない
  • 持続が長い技が避けられた時、長い持続はそのまま長い硬直へ変わる
  • 発生が早い技はそれだけで強い
  • ダウンを奪ったら、ダウン取った側が一方的に有利な状況になる
  • 暴れには暴れ潰しor様子見
  • ダウン追い打ちでもダメージはダメージ
  • 殺しきれる時には殺しきる

防御編

  • 無敵時間は食らい判定がないから無敵
  • 強力な崩しには崩れる前にゲージを使ってでも逃げろ
  • ダウンを取られたら不利確定
  • おおぶりな攻撃は回避したら攻撃入れ放題
  • 「めくり」は中段を表裏2択で迫る
  • 死ななきゃ安い。死んだら負け

読み合い編

  • 飛ばして落とせ 飛んだら落とせ
  • 打撃と思ったら投げ、投げと思ったら打撃
  • ガードする奴ほど投げが通る
  • 確反は通すもの。ダメージは取れるところで取る
  • どんな強い技でもフレームで発生勝ちしていれば潰せる
  • ぶっ放しは当たれば正義 外したら残念
  • ワンパターンはナシ、最低3種類(地上、空中、牽制)の攻めを使い分たい
  • 死んだら負け 死ななきゃ安い
  • 「ない」と思ったら「ある」、「ある」と思ったら「ない」

飛び道具編

  • 飛び道具は相手を動かすもの。これだけでダメージを取って勝つことは出来ない
  • あからさまに読める飛び道具はローリスクに避ける
  • 削りは必要経費、削りを嫌がって行動した時点で「動かされている」
  • 「削られて死亡」はそれよりも前の時点で負け確定

対戦編

  • 慢心、甘えは禁止 ワンチャンス取られて負けたら自分のせい
  • 操作ミス、コマンドミスはただの練習不足。プレイヤーのせい
  • 対戦結果は必然(弱ければ負け、強ければ勝つ)
  • タイムアップでも削りでも、勝ちは勝ち、負けは負け
  • 連コ・台パン(台へのパンチ)は絶対禁止

大会編

  • 「慣れ」は全てを解決する。数をこなせば自然に慣れる
  • 緊張は誰でもする。「自分だけが緊張してる」と思わない

てっとり早く上達するために必要なフロー

1.好きなキャラ、強キャラを使う

  • 当然の話ですが、格ゲー初心者は格ゲープレイヤーとしての知識・経験が少ないです。
    なので、プレイヤーの弱さを強いキャラを使って少しでも補いましょう。
  • 気になったキャラがいたら、その格ゲーの攻略Wikiにある初心者向け解説などを読みましょう。
1a.「強いキャラとの相性が悪い」って人は?
  • 自分と相性のいいキャラを見つけましょう。
1b.「弱くても好きなキャラで勝ちたい!」って人は?
  • そのキャラが得意な攻めと攻めに持っていく流れを覚え、「やられる前にやる!」を徹底しましょう。
    • 例:投げキャラ
      ・「投げと打撃の2択」を迫れる状況に持ち込み、「当て投げ」や「すかし投げ」などで相手をぶん投げる。
    • 例:牽制キャラ
      ・徹底的に相手を寄せ付けないよう、牽制技の振り方や相性を覚えたり、対空精度を上げる。
  • 基本的に「弱キャラで勝つ」には「強キャラを使って勝つ」よりも、プレイヤーの努力がより必要になります。ただし、弱キャラでも「強キャラが持っていない要素」を引き出し、試合展開をうまく作っていけば勝つことは出来ます。大事なのは「そのキャラの勝ち筋にどうやって持ち込むか」の理論を持っているかどうかです。

2.CPU戦、トレーニングモードで基礎練をする

  • 覚えることはいろいろありますが、自分が格ゲーを始めた時の練習メニューを記載します。
全ての技を出してみる
  • 通常技、投げ、特殊技、必殺技、超必殺技などを出してみます。
    • 技性能を調べつつ、「この技はどこで使えるか」を考えます。
      中段や下段であれば崩しに、発生の早い技なら暴れに、上方向を攻撃する技なら対空に…と、
      技の特性をチェックします。こうして、立ち回りに必要な技の情報を調べて、覚えていきます。
      余裕があればジャンプキャンセル、必殺技キャンセルが出来るかも調べます。
    • 技性能が分からない場合、「攻略Wiki」の技性能解説ページを見ながらやりましょう。
技コマンドの安定
  • 236、623はもちろん、236236や2141236などのやや複雑なコマンド入力を練習します。
    • 必殺技をコンボに組み込む場合、キャンセル必殺技の練習もここでします。
  • 目安としては「10回連続挑戦して7回入力成功したらOK」とします。
    地道ですが、こういう練習が土壇場でのコンボ精度に繋がります。
コンボ練習
  • ここが格ゲーマーのいう「練習の面白さ」の一つでもあります。
  • 始動技に応じてコンボの内容は変わりますが、まずはよく使う技からのコンボを仕上げましょう。
  • 重要な始動技一覧
    • 小技(発生の早い技):
      • 理由:小技暴れからダメージが取れると、相手は安易に崩しづらくなります。
    • 中段
      • 理由:ジャンプ攻撃、地上中段で相手のしゃがみガードを崩せ、追撃できるため。
    • 下段
      • 理由:中段を意識した相手の立ちガードを崩せるため。
    • 投げ
      • 理由:意識が中段と下段の2択に行った相手のガードを問答無用で崩せるため。
    • 対空
      • 理由:相手の攻めを潰した後、さらにそこから大ダメージを取れるため。
起き攻め練習
  • ダウンを奪った後の攻撃チャンスです。
    どのキャラでも起き攻めはチャンスなので、相手の行動を読んでダメージを取りましょう。
  • 代表的な2択
    • 中段と下段
      • ジャンプからの「ジャンプ攻撃(中段)と着地下段」の2択など。
    • 表と裏
      • 「ジャンプ攻撃のめくり2択」(表ガード、裏ガード)など。
    • 打撃と投げ
      • ジャンプからの「ジャンプ攻撃(中段)と着地投げ(投げ)」の2択など。
  • 「起き攻め→崩してコンボ→起き攻め」とループできるキャラは、自分よりも腕のあるプレイヤーに勝てる可能性があります。
    「格上に勝ちたい!」「一泡吹かせたり、一矢報いたい!」という人はこういうキャラを選び、起き攻め精度を高めましょう。
CPU戦で擬似実戦
  • 2と3で学んだことを、CPU相手に試してみましょう。
    いきなり対人戦に行っても、覚えたことが身にしみていない間は安定した勝率、対戦になりません。
  • CPU戦でラスボスを余裕を持って倒せるようになったら、対人戦にいきましょう。
    • CPU戦をやるのは「画面を見る余裕を作る」ためです。
      リアルタイムで「相手の行動に応じて適切な判断をする」のは、それなりに経験を積まないと出来ません。

3.対人戦に行く

  • CPU戦が安定クリア出来るようになったなら、対人戦にいきましょう。
  • あとはまあ、対戦しまくってください。
    「アカン、勝てない!」と思ったら、一度トレモに戻ったり、休憩したりして頭を冷やしましょう。
    • 興奮して頭熱くなれば、それだけ動きは単調になり、読まれやすくなります。
      どんな強い行動も、読まれたら回避されてしまいます。

4.勝負の結果にかかわらず、反省する

  • 勝っても負けても反省しない人は『上達速度が遅くなります』し、勝てません。
    サイヤ人みたいな「毎試合ごとに確実に強くなってやろう」という思考をすると、加速度的に強くなります。
  • とはいえ、ある程度行くと経験の壁にぶつかりますが。まあ、そこまでの最速ルートはこれだと思います。

まとめ

  • もっといろいろあるでしょうが、まずはここまで。
    経験者からすれば「やってりゃ分かるだろw」ってセオリーばっかりですが、格ゲー初心者はセオリーを知りません。
    だから、この「格ゲーのセオリー」を覚えれば手っ取り早く上達出来ます。
    • ただし、ここに書いてあることを全部頭に叩き込んでも、実戦で全てすぐ勝てるようになったり、上級者に圧勝できるようになるワケではありません。それは身体は『頭で覚えたこと』をすぐに理解出来ないからなのです。
    • 頭で覚えたことは長期間対戦し続けて身体に染み込ませないと、頭と身体の両方による理解(=『真の理解』)に到達できないのです。
      「強くなる方法? 慣れだよ、慣れ」って意見もありますが、実際、対戦を数多くこなして行くことで、こういう経験則を理解するってのが大事なわけです。
  • 今回は「覚えたら強くなれるセオリー」をある程度紹介したので、
    これを意識すれば「何も考えない人」よりかは早く強くなれると思います。
    格ゲーは具体的に物事を考える人、考えて練習する人ほど強くなれるゲームジャンルです。
    格ゲーに必要な考え方や練習方法については他の格ゲー初心者上達論の記事を参考にしてみて下さい。