Part1、2のdatを紛失していたことに気がついたので、小話程度にいくつか回収。


アーケード→コンシューマーの移植について

  • Q.どういうことなの? 簡単にできるんじゃないの?
  • A.実はそうでもない。

解説

  • アーケードのデータを家庭用ゲーム機で動かすのは、それほど手間は掛からない。
    • しかし、商品として家庭用に出す場合には家庭用に合わせて設定する必要がある。
      なぜなら、アーケードで動いているゲームはアーケード用に調整が最適化されている。
      なので、家庭用ゲーム機でアーケード用に調整されたゲームを動かすと、
      ハードウェアの性能が違うためにゲームスピードが非常に早くなったり、処理ステップが違ったりするなどして、ゲームの挙動がアーケードの物と変わってしまうことがある。
      つまり、単純にコピーしただけではまともに遊べない可能性があるのだ。
      これらの問題をチェックしながら同時に回避し、アーケードのクオリティに準拠させるために行うのが「移植作業」と呼ばれる物。
  • また移植する際に追加要素を足したり、誤字やアーケードでの不具合を修正したりする。これも移植作業の一巻。
  • これらは「制作物のクオリティを上げるために行う」というのもあるが、販促や開発側が「満足出来る作品に仕上げたい」という心意気もあって行われる。


2D格闘ゲームと3D格闘ゲームの違いって?

  • 2D格闘ゲームの面白さはタイトルによって違う。
    そして基本的には3D格ゲーも同じと考えて良い。

2D格ゲーと3D格ゲーの演出の違い

2Dが特徴的なのは

  • 3次元の常識にとらわれない
    (空中ダッシュや飛び道具、アニメ・漫画的演出などを盛り込める)こと。

3D描写で人体構造や物理法則を無視した演出を行うと、どうしても違和感がある。が、2Dの場合は物理法則に反した無茶な演出でも、それがまかり通ってしまう。

もう少し分かりやすく言えば、

  • 3D格ゲー→現実・アクション映画寄りの表現
  • 2D格ゲー→アニメ・漫画寄りの表現

といった感じ。(例外もあるが)

バーチャと鉄拳

両方とも演出というか、ゲーム思想が違うので比べても仕方ない。

  • バーチャ:実際の格闘技をゲーム上で再現して戦わせる(今はそれほどこれにこだわっていないが)
  • 鉄拳:実際の格闘技をモチーフとしつつ、如何にゲームとして面白くするか

「バーチャの動きが遅い」というのはゲーム上の仕様。


同キャラ戦がクソゲーなのってなんで?

  • Q.「同キャラ対戦はクソゲーになりがち」という言葉をよく聞きますが、要するにどういうこと?
  • A.完全5分5分で、お互いに尖った部分や個性で勝負しない(っつうか出来ない)から。
    お互いに自キャラを知り尽くしているわけだから自然に手の内が読めてしまうわけで、なんとなく新鮮味がない。
    (手札を一部オープンしてカードゲームをやるような感じ。それが面白い人もいるけどね)
    あと同キャラ対策をあまりやらない人もいるから、そういう意味でもあまり面白くならない。

どうでもいいこと

  • プレイヤー同士が自キャラを分かり過ぎている場合、読み合いが非常にタイトになる。
    良い例がニコニコにあるので紹介。
  • 待ちガイル VS 待ちガイル(※大将戦)‐ニコニコ動画(秋)
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm509632
    • これの2:50からがいい例。
      一度でもソニックをガードさせて削れば、あとはガン逃げしていればダメ勝ち出来る。相打ち上等。
      やってる方は面白いんだけど、しかしあんまり盛り上がらないところもある。


格ゲーダイヤで関東・関西ではダイヤが違うのは?

  • Q.なんで?
  • A.関西と関東では、格ゲープレイヤーの考え方が違うから。

例:GGXXSLASHのダイヤ付け

  • 関東→全体的なリスクリターンや総合バランス重視
  • 関西→防御性能や攻撃面(≒爆発力)などを重視

という風に判断基準が違った。

ちなみに地域別ランク論には九州や東海もに参戦していた記憶もあるけど、そこらは文化的にさほど大きな違いがあるとは思わんなあ。


格ゲーの同人エロ話

  • Q.格ゲーの同人誌はやたらおっぱいが大きかったり基地外じみた絵のものが多いんでしょうか?
  • A.絵に関しては、こりゃ簡単な話。
    「キャラクターの特徴を極端に描いている」だけ。
    (3rd春麗とか「腕よりふとももの方が太い」という描かれ方をされているぐらい)
  • 格ゲーの女性キャラって格闘ゲーム的に「男とも対等に張り合える」ことが要求されるので細身に見えても筋肉質なキャラが多かったりする。
    んで、「がっちりした女性が好き」「筋肉質の女性にシバかれたい」という趣味の人たちに格ゲーキャラがマッチしたからそうなった、と言う話。
  • がっちり好きの人たちってマイナー嗜好ということもあって、ハードコア方面(人体改造とかふたなりとか)との親和性が高い。


コンボ重視とダメージ重視、どう違うの?

  • Q.どうなの?
  • A.下なの?
  • コンボ(を繋げること)重視
    • 総合ダメージが少なくても、確実にダメージを与えることを重視。安定コンボなどで使うかな。
  • ダメージ重視
    • コンボが複雑で難易度が高いがリターンが大きいコンボを狙う。
      もしくはフルコン入れた後の状況が悪い(間合いが離れすぎる、起き攻めを迫れない)コンボを狙うなど。


基盤のお値段って、なんであんな高いの?

  • 基板→ハードウェア的に数を作れない、開発費回収のために高い
  • 家庭用→CD媒体だから数を作りやすい

ってカンジ。


「甘え」「欲望」ってどういう意味?

  • Q.TRFの北斗動画とかで良く実況されてる言葉なんだけど、どういう意味?
  • A.そのまんまの意味。

甘え

  • 気軽に読みやすい・安易な選択肢(単発中段・暴れ昇竜など)を出してしまうこと。
    • 大概は読まれて反撃を思い切り食らって死ぬ。初心者にも多い。

欲望

  • ヒット時のリターンのみを追求した選択肢のこと。
    • スカ時のリスクを考えず、一発逆転狙いで出す暴れ超必などが該当。

密度の濃い固めや低ダからの着地下段などの揺さぶりも掛けず、生で出す中段などは甘え。

「欲望の〜」とあったら、ギルティのガンダッシュコマ投げや北斗の溜めバニなど。


闘劇の赤切符、青切符ってなに?

  • 青切符
    • 地方大会優勝の証。これを持っていると闘劇本戦に出場できる。
    • 店舗大会<地方大会<闘劇本戦と勝ち上がっていく。
  • 赤切符
    • 店舗大会優勝の証。いくら集めても闘劇本戦に出場することは出来ない。むしろ、悲しみの証でもある。


まとめ

  • ゲーセン文化、格闘ゲームの歴史的なものは資料が少ないだけに人気があるのかもしれない。
  • 初心者向け質問集はその2を書く予定。
    書いた。