• クソ長いので注意。

追記(2011/10/01)

  • Beta2の新しい変更点にも対応!

SF4(AC)キャラ

リュウ

【波動拳】
  • 通常版ダメージを60→70にアップ。
    削りダメージは以前と同様の15となっています。
【強・昇龍拳】
  • 1ヒット技に変更。
    発生は3F、根元(持続1F〜2F)でヒットした場合には160ダメージ、先端(持続3F以降)でヒットした場合には60ダメージに。
  • 発生から4F目までは完全無敵に。
  • ヒット・ガードに関わらず【EXセービング】不可に。
    単発技としてのリスクとリターンが上昇しています。
【滅・昇龍拳】
  • 対空技としての強化の意味を含めて攻撃判定のサイズを上方向へ拡大。
    ロックヒットしやすくなりました。
【灼熱波動拳】
  • カウンターヒットした場合の追撃制限を見直し。
    カウンターヒット時のみ【滅・昇龍拳】の追撃がロックヒットするように。
    • 使い方としては、【しゃがみ中キック】などの通常攻撃がセービングで受けられた時に、
      ・【灼熱波動拳】→【EXセービング】→【前ダッシュ】→【滅・昇龍拳】
      といったコンボを狙うことができます。
    • 「最大500台後半」という凄まじいダメージを与えられるため、一発逆転を狙う事も可能となりました。
      もし、相手と近い状態で【灼熱波動拳】がヒットすればEXセービングを使用せずともコンボになるのもポイントです。
【空中竜巻旋風脚】
  • 昇りジャンプ時の、ブレーキが利くフレームを後半3F短縮し、このフレームで使用した場合の軌道が変化しています。
【鳩尾砕き】
  • ダメージを40+60の合計100ダメージにしました。
【近立ち強キック】
  • しゃがみの相手にカウンターヒットした場合に、相手キャラクターに関わらず【しゃがみ強キック】が連続ヒットになるように調整を加えています。
【屈中K】
  • 攻撃判定持続を5Fに調整しました。
    その結果、SSF姑任任料澗瞭虻F、攻撃リーチと同じになっています。

ケン

  • ケンは「現状の使い勝手を踏襲しつつ、細かい点を伸ばす」という方針で調整を行いました。
【ターゲットコンボ】
  • 攻撃判定を下方向へ拡大し、これまでに比べてしゃがみ状態の相手にヒットしやすくなっています。
  • ディレイ入力を受け付けるように調整を加えました。
【EX昇龍拳】
  • Beta1:
    ダメージを80+30+30+50の合計190ダメージにアップし、ヒット時のリターンや爽快感が向上しています。
  • Beta2:
    EXのダメージを80+30+30+60の200に調整しました。
【しゃがみ強キック】
  • 発生が7F→8Fになっています。
    • これまで可能だった、【遠立ち弱パンチ】や【遠立ち中パンチ】から【しゃがみ強キック】へのコンボが繋がらなくなっています。
【遠立ち強キック】
  • 発生12F→11F、硬直21F→18Fになりました。
    これにより、ヒット時は1F有利、ガード時は3F不利となっています。
【紫電カカト落とし】フェイント版
  • 全体フレームが27F→24Fに短くなりました。

春麗

  • 今回はバトルでの安定性向上にポイントを置いたマイナーチェンジを行いました。
【鷹爪脚】
  • ジャンプ中にレバーを前斜め下入れでも発動するように変更しています。
    なお、レバーを後斜め下入れではこれまで通り発動しません。
【金的蹴】
  • カウンターヒットした場合に有利フレームが3Fとれるようになり、【天空脚】へキャンセルする時のヒット確認がしやすくなっています。
【しゃがみ強キック】
  • スタン値が150にアップして、ヒットさせた場合のリターンが増えています。
  • Beta:根元に攻撃判定を拡大し、飛び込み攻撃からスカる状況を以前より緩和。
【気功掌】
  • 発生フレームを9Fとし、対空技としての使い勝手向上やコンボに組み込みやすくなりました。
【鳳扇華】
  • スパIV AE版以降に発生していた特定のキャラクターに対して、ロックが演出中に外れてしまう現象を修正しています。
  • 性能がスパ4に戻りました。
【EX百裂脚】
  • 攻撃判定が発生するまでの移動距離が増加。
    これまでヒットしにくかったコンボが、よりつながりやすくなっています。
【近立ち強パンチ】
  • ヒット時の相手側硬直を1F延長し、ヒットバック距離をこれまでのおよそ半分に短縮しました。
    • これにより、
      【近立ち強パンチ】→【強スピニングバードキック】
      (ダメージ290、スタン400)
      といったコンボが繋がるように変化しています。
【強スピニングバードキック】
  • ダメージ・スタンを200に調整しました。
【天空脚】
  • 攻撃判定を下方向へ拡大。
    しゃがみ状態の相手に【金的蹴】
  • 当てた場合でも繋がり易くなりました。

E.本田

  • 今回はキャラクターの代名詞ともいえる、【スーパー頭突き】を調整しました。
【弱スーパー頭突き】
  • スパIV同様の上半身無敵を復活させました。
    なお、この無敵中にヒットした場合は100ダメージとマイルド化しています。
【中スーパー頭突き】
  • スパIV AE版の弱版性能と同様、下半身無敵となるように調整しています。
【強・百裂張り手】
  • 最終段の攻撃判定を拡大。
    【しゃがみ弱パンチ】からのコンボでフルヒットしやすくなっています。
【EX大銀杏投げ】
  • スタン値を100→150にアップしています。
【震・大蛇砕き】
  • 簡易コマンドを変更し、これまでより発動しやすく調整しました。

ブランカ

  • シリーズを通して性能が変化している【ローリングアタック】ですが、今回は新しい形で使いやすいように調整を加えました。
【ローリングアタック】
  • ダメージを一律+10して、弱:110 中:120 強:130 EX:120になっています。
  • 【強・EXローリングアタック】が発生から2F以内(EXセービングが可能なフレーム)でヒットした場合に限り、相手が吹き飛びダメージ(ダウン)となりました。
  • 一例として、密着状態から
    ・【しゃがみ弱キック】×2→【立ち弱パンチ】→【強ローリングアタック】
    が吹き飛びダメージのコンボとなります。
【EXローリングアタック】
  • 2Fまでのダメージに対してヒット後の追撃制限を見直し。【EXセービング】を絡めた更なる追撃が可能となっています。
【ロッククラッシュ】
  • タメ版の【ロッククラッシュ】をヒットさせた場合にブランカが5F有利に。
    • 【ロッククラッシュ】→【しゃがみ中キック】→【強ローリングアタック】
      といったコンボも可能です。
【EXバーチカルローリング】
  • ヒットした時は相手が吹き飛ぶようになりました。
    逆にガードされた場合にはこれまでより相手に近い位置に着地するように。
  • Beta2:EXがガードされた時の着地硬直を以前より5F延長しました。

ザンギエフ

  • 今回はダメージ調整が中心となっています。
【弱スクリューパイルドライバー】
  • スタン値が150になりました。
【EXバニシングフラット】
  • ダメージが90+50の合計140ダメージとなり、スタン値も100+50の合計150になっています。
【しゃがみ弱パンチ】
  • 攻撃判定サイズを変更して、ジャンプ攻撃から続けてコンボを繋げた際、
    一部のしゃがみ状態のキャラクターにヒットしなかった現象を緩和しています。
【しゃがみ強キック】
  • 喰らい判定の高さを縮小し、一部の攻撃をスカしやすくなっています。
【遠立ち強パンチ】
  • ヒット時は相手が吹き飛びダメージとなるように。

ガイル

  • スパIVからスパIV AEで変更となった部分を中心に、全体のバランスに合わせて再調整を行いました。
【ソニックブーム】
  • 攻撃判定発生後に残っていた被カウンター判定を廃止しました。
【空中投げ】
  • 発生を3Fに変更しました。
【スピニングバックナックル】
  • ダメージを100に調整しています。
【リバーススピンキック】
  • 動作開始6F目から攻撃判定終了まで投げ無敵となっています。
  • ヒット時の相手側硬直を1F延長し、ヒット時に5F有利になるように調整しました。
【サマーソルトキック】
  • 通常版が根元でヒットした時のダメージを+10し、
    弱110、中130、強140ダメージ与えられるようになりました。
【ソニックハリケーン】
  • ダメージ配分を、150+15*4+90→90+30*4+90に変更しました。
    • 合計ダメージは変化していませんが、
      【サマーソルトキック】→【ソニックハリケーン】
      といったコンボを決めた際に与えられるダメージが約50程アップしています。

ダルシム

  • 全体バランスに大きな影響を及ぼさない程度に、一部の技についてダメージ見直しと、使い勝手の向上をポイントに調整を行いました。
【ヨガインフェルノ】
  • 75**2+60**3の合計330ダメージにアップ。
【EXヨガブラスト】
  • 90+50と初段のダメージを20アップ、二段目のダメージを20ダウンすることで、
    初段で相打ちになった際のリターンが少しアップしています。
【立ち弱パンチ】
  • ヒット時の相手側硬直を1F延長し、ヒット時に2F有利になるように調整をしました。
    【立ち弱パンチ】→【EXヨガフレイム】がコンボとして繋がるようになっています。
  • 攻撃判定持続が4Fに延びました。全体フレームの長さは変化していません。
【ヨガブラスト】
  • ヒットした場合に、弱・中版はダルシムの硬直を10F、強版は硬直を5Fそれぞれ短縮しました。
  • Beta2:
    弱・中・強・EXの攻撃がヒットした時はクイックスタンディング不可に設定しました。
  • Beta2:
    弱・中・強はボタンリリースでの技発動を出来なくしました。
【中・強ヨガブラスト】
  • 喰らい判定を縮小しました。
【強ヨガブラスト】
  • コンボ制限を見直し。ヒット後に別の技での追撃が可能となりました。

バイソン

  • スパIV AEになった際に全体的に減少したダメージ火力を中心に再調整を行いました。
【バッファローヘッド】
  • ダメージを中120、強140、EX150とし、スパIVと同じダメージになりました。
【ダーティーブル】
  • ダメージが399にアップしたことで、ヒット時のリターンが増えています。
  • 簡易コマンドを変更しこれまでより発動しやすく調整しました。
【ダッシュスウィングブロー】
  • ヒット時の挙動を調整し、
    ・【ダッシュスウィングブロー】→【しゃがみ中パンチ】
    のコンボが全キャラクターにヒットするようになっています。
【近立ち強パンチ】
  • 攻撃判定を下方向へ拡大し、密着使用で特定キャラクターのしゃがみ状態にヒットしなかった現象を緩和しています。

バルログ

  • バルログ使いの方が「あと少しだけ改善してほしい」と考えているであろう、細かい部分について調整を施しました。
【しゃがみ強キック】
  • ダメージを110にアップさせ、スパIVと同様のダメージとなりました。
【コズミックスマート】
  • ガードされた場合の相手側硬直を1F延長し、バルログ側の不利フレームが最大で-3Fと短くなっています。
【スカイハイクロー】
  • 地上の相手にヒットした場合は吹き飛びダメージとなりました。
【ブラッディーハイクロー】
  • 膝ダメージがヒットした場合にそれ以降の攻撃判定を大幅に拡大することで、
    途中での取りこぼしが減るように調整をしました。
【スプレンディッドクロー】
  • 発生を8Fに調整しました。
【ブラッディーハイクロー】
  • 追撃制限を変更しました。
    • 例えば、特殊技の【コズミックスマート】ヒット後にコンボとして繋がるようになっています。
【EXスカイハイクロー】
  • 攻撃判定を下方向へ拡大し全段ヒットしやすくなりました。
【セービングアタック】
  • 攻撃判定を根元に拡大

サガット

  • 現在かなりの高性能を誇るキャラクターということもあり、調整はほぼ現状維持という形となっています。
【アングリーチャージ】
  • 【タイガーアッパーカット】のダメージを弱、中、EX版で+10ずつアップしました。
【しゃがみ中パンチ】
  • 攻撃判定を根元方向へ拡大。
    一部のしゃがみ状態のキャラクターにヒットしなかった現象を修正しています。

ベガ

  • ほぼ現状維持という調整ですが、一点だけ微調整を行っています。
【ダブルニープレス】
  • スタン値を全強度で一律100+50の合計150に。
  • 初段がヒットした場合の相手側硬直時間を+1Fしています。
  • これにより、
    ・【ダブルニープレス(初段ヒット)】→【EXセービング】→【前ダッシュ】
    で最大+5Fの有利がとれるようになりました。
【立ち強キック】
  • 先端でヒットさせた場合のダメージを80→90にアップしました。

C.ヴァイパー

  • 全体のバランスを考慮してダメージ量の見直しと、細かいポイントの調整を行いました。
【中サンダーナックル】
  • ダメージが120→110に減少しています。
【強サンダーナックル】
  • 攻撃判定発生1F後まで投げ無敵になるよう調整しました。
【EXサンダーナックル】
  • 発生が25Fに短縮し、ヒット時のヴァイパー側硬直時間を+2Fしています。
    • 発生が早くなった事によりバックステップの潰し技としても使いやすさが向上しています。
【EXセイスモハンマー】
  • ダメージが120→100に減少しています。
  • Beta2:投げ無敵を削除しました。
【バーストタイム】
  • ダメージが最大441に減少しました。
  • 初段の攻撃判定の大きさを微調整して、
    【空中バーニングキック】や【強サンダーナックル】からの追撃がヒットしやすくなりました。
【バーニングダンス】
  • ダメージが最大410までアップしました。
【空中バーニングキック】
  • 通常版のダメージを100→90に変更しました。
【EXバーニングキック】
  • 当てた後、各種必殺技などの追撃可能な技で追撃が可能になりました。

ルーファス

  • キャラクターのバランスは維持しつつ、使い手にとって不満と感じていた点を使いやすく再調整しました。
【中救世主キック】
  • ヒットした場合に、弱派生攻撃が連続ヒットするようになりました。
【ビッグバンタイフーン】
  • 性能を見直し、空中ヒット時は最大で10ヒットするように調整をしました。
    10ヒットした場合には236ダメージ与えることができます。
【ビッグバンタイフーン】
  • 空中でヒットした場合の挙動を変更し、
    初段で取りこぼしにくく調整を加えました。
【ターゲットコンボ】
  • 2段目の攻撃判定を下方向へ拡大し、
    しゃがみ状態の相手にもヒットしやすく調整をしました。
【EX銀河トルネード】
  • 吸い込み判定に触れた際の相手側の硬直時間を7F延長しました。
    • ゲージは大量に消費しますが、
      【EXセービング】を絡めることでルーファス側が最大8F有利で、新しいコンボが可能となっています。

エル・フォルテ

  • フォルテ使いのプレイヤーの楽しさアップを目指しつつも、
    全体バランスに大きな影響を及ぼさないレベルで調整を行いました。
【プロペラトルティーヤ】
  • 発生直後の無敵が復活し、スパIVと同様の性能となりました。
【ケサディーヤボム】
  • 【EXケサディーヤボム】のタメ時間を従来の390Fから210Fで発動するように。
  • カウンターヒットした場合には壁バウンドダメージとなるように調整しました。
    壁バウンド後は、画面中央であれば
    ・【アバネロダッシュ】→【ゴルティータソバット】、
    画面端であれば【ワカモーレレッグスルー】で追撃することができるようになっています。
  • 通常版の最大タメ(Lv3)およびEX版がヒットした場合のフォルテ側硬直を10F短縮しています。
【しゃがみ弱パンチ】
  • 連打キャンセルで他の弱攻撃が発動できるように調整しています。
【立ち強パンチ】
  • 特定のキャラクターに【立ち強パンチ】→【アバネロダッシュ】→【カラマレスライディング】が、
    抜けてしまう現象を修正しました。
【EXワカモーレレッグスルー】
  • 着地硬直を3F短縮し、
    着地硬直が10Fになるように調整をしました。

アベル

  • スパIV AEになった際の調整内容を改めて見直し、
    アベルの強みがより分かりやすい形に再調整を行いました。
【しゃがみ強パンチ】
  • 攻撃判定をスパIV同様とし、対空技として使えるように再調整しました。
【トルネードスルー】
  • ダメージを全強度で+10し、弱:160 中:180 強・EX:200となりました。
【無空】
  • 突進開始から攻撃判定発生直前までの間を打撃無敵になるよう調整しました。
  • 突進開始から発生までに付属していた投げ無敵を削除しました。
    突進開始まではこれまで通り投げ無敵が付属しています。
【セカンドロー】
  • 相手側ヒット時硬直時間を調整し、
    ・【セカンドロー】→【EXセービング】→【前ダッシュ】
    で、最大9F有利をとることが可能となりました。
    • これを活用して、
      ・【セカンドロー】→【EXセービング】→【前ダッシュ】→【しゃがみ強パンチ】→【無我】
      というコンボが可能となっています。

セス

  • 現状維持を基本としつつ、細かいポイントの見直しを行いました。
【丹田ストリーム】
  • ダメージが380→340にマイルド化しました。
  • 【しゃがみ強パンチ】→【丹田ストリーム】とコンボを決めた際に、
    【丹田ストリーム】の全ダメージを与えられるように調整しました。
  • 初段がヒットしたタイミングでセス側が無敵となるように調整をし、途中で演出への移行が途切れないようにしています。
【垂直・斜めジャンプ強パンチ】
  • 攻撃判定持続を4Fに延長しました。全体フレームに変更はありません。
【垂直ジャンプ中キック】
  • 攻撃判定終了後の足元(下半身)が飛び道具無敵となりました。
【ジャンプ強キック】
  • ヒット後に特定のキャラクターに対して、
    【しゃがみ弱パンチ】【しゃがみ中パンチ】がヒットしない現象を緩和しています。
【昇龍拳】
  • EX版を除いて、二段目がガードされた場合の相手側硬直時間を2F短縮。
    【昇龍拳2段目(ガード)】→【EXセービング】→【前ダッシュ】した場合にセス側が3F不利になるように調整を加えました。

豪鬼

  • 全体のバランスを考慮してループ性のある攻めに関わる部分に対して調整を加えています。
【百鬼豪衝】
  • 攻撃判定を中段属性から上段属性に変更したことで、
    しゃがみ状態でもガードをすることが可能になっています。
【豪衝破】
  • 豪鬼側硬直フレームを2F延長しています。
【天衝海轢刃】
  • 【阿修羅閃空】からキャンセルで発動時のダメージが421にアップしました。
【EX百鬼襲】
  • 空中で斬空波動拳(EX)を出せるように。
【遠立ち強キック】
  • ダメージを50+30の80に調整。
    2撃目をガードされた時の相手硬直を減らして、2F不利に調整しました。

剛拳

  • 今回最も大きく調整の入ったキャラクターの一人です。
  • メインとなるのは、以前から要望の多かった【電刃波動拳】【閃空剛衝波】の調整となります。
【電刃波動拳】
  • 暗転開始から発生直前までのレバガチャの回数に応じて、
    弾の速度が3段階にアップするようになりました。
  • 最大の弾速度は従来の約2倍になっており、ヒットチャンスが格段に増しています。
  • ボタン溜めによる攻撃レベルの変化について、UCゲージ量に関わらず一律に統一しました。
    • 具体的な発生フレームは、
      Lv1・・・13F
      Lv2・・・17F
      Lv3・・・37F
      Lv4・・・57F
      Lv5・・・80Fです。
      それらに加えて、最終段ダメージを全Lvにおいて+45しています。
      たとえば、Lv1がヒットした場合には300ダメージ、
      Lv5がヒットした場合には540ダメージを与えることが可能です。
  • 弾速変化に必要なレバガチャ回数を、以前よりも少ない回数に変更しました。
【弱閃空剛衝波】
  • 攻撃判定を前に拡大しました。
【中閃空剛衝波】
  • スパIVの弱版と同様の性能に。
【強閃空剛衝波】
  • スパIVの中版と同様の性能に変化しているため、使い勝手が大きく変化しています。
【金剛身】
  • 当身判定をわずかに拡大し、ヒット時のスタン値を150→200にアップしています。
【しゃがみ強パンチ】
  • ヒット時の相手側の硬直時間を延長して、
    ・【近立ち中パンチ】→【しゃがみ強パンチ】→【EX閃空剛衝波】
    のコンボがヒットしなかったキャラクターにもヒットするように調整しました。
【鎖骨砕き】
  • 攻撃判定を下方向へ拡大、持続を4Fに延長して、
    ヒットストップ、ガードストップ時間を従来の中攻撃の長さから強攻撃の長さに変更しました。
    • また喰らい判定を縮小し、しゃがみ攻撃などをスカしやすく調整を加えています。
【禁じ手・昇龍拳】
  • 発生を11F→3Fに大幅短縮し、コンボや反撃で使えるポイントが大きく増やしています。
【遠立ち中パンチ】
  • ヒット時の硬直を1F延長し、また必殺技キャンセルができるように調整を加えました。
    • これにより、【遠立ち中パンチ】→【中閃空剛衝波】がコンボとなります。
【遠立ち強パンチ】
  • 攻撃判定持続を3F→5Fに延長しました。
【近立ち強キック】
  • 初段の攻撃判定持続を2F→5Fに延長しました。

スト4CS参戦組

キャミィ

  • ほぼ現状維持。
【強スパイラルアロー】
  • 攻撃判定の持続を、前作スパIVと同様の形に調整しました。
    • 具体的には、持続19Fのうち初段の持続が7Fで二段目の持続が12Fとなっています。
  • スパIV AEで強化された通常技とあわせて、よりコンボが決めやすくなっています。
【アクセルスピンナックル】
  • ガードバック距離を短くし、
    【しゃがみ弱キック】などが連続ガードとなるように調整を加えました。

フェイロン

  • 横押し性能の強さもあり、トップクラスの性能を誇るフェイロンですが、
    今回は全体のバランスを考慮した調整を施しております。
【烈火拳】
  • 弱・中・強版の2段目がガードされた場合の相手側硬直の再調整をしています。
    • 具体的にはガードした場合に、弱8F、中10F、強12Fフェイロン側が不利となっています。
    • ガードバック距離が短くなっているため、二段目まで出した場合は反撃を受けやすく。
  • 弱と中の初段、二段目の削りダメージがこれまでの半分程度にダウンしています。
【熾炎脚】
  • ダメージを見直し、弱:120→110 中:140→120 強:160→150 EX:200→190となりました。
  • 全強度で1段目をガードされた直後の【EXセービング】→【前ダッシュ】した際の有利フレームを見直し。
    フェイロン側が1F不利となっています。
【烈空脚】
  • 強のダメージを見直し、35+35+30の合計100となっています。
  • 全強度でめくりヒットするケースが少なくなるように調整を加えています。
【近立ち中パンチ】
  • 特定キャラに対して【近立ち中パンチ】→【EX烈空脚】が半ループコンボとならないように調整。
【近立ち弱パンチ】【遠立ち弱パンチ】
  • ヒット時の有利フレームが1F減少して有利+5Fとなり、一部の技へコンボが繋がらなくなっています。
【しゃがみ中パンチ】
  • ダメージが65→55にダウンしました。
【直下落踵】
  • ダメージが60→70にアップしています。
【遠撃蹴】
  • 2段目をスーパーキャンセル可能にしました。
    これに合わせて、【遠撃蹴】の合計ダメージを150→130に変更しています。

さくら

  • さくら使いから要望の多かった【EX春風脚】の不満点を解消する調整をしています。
【EX春風脚】
  • しゃがみ状態の相手に
    【しゃがみ弱キック】→【しゃがみ弱パンチ】→【しゃがみ強パンチ】→【EX春風脚】
    のコンボを決めた際に、
    【EX春風脚】の最終段が相手キャラクターに関わらずヒットするように調整を行いました。
【EX波動拳】
  • ダメージをLv1:100→120、Lv2:120→130となるように調整しています。
【さくら落とし】
  • コマンド入力難度を変更し、またボタンリリースで発動しないように変更しました。

ローズ

  • 過去シリーズで行った調整内容からローズ使いにとって不満となっていた部分の見直し。
【ソウルスパーク】
  • 発動時のSCゲージ増加量を20→30に戻しました。
【ソウルサテライト】
  • 発生が7F→5Fになりました。
【ソウルピエーデ】
  • スト4とほぼ同様の性能に調整しました。
    • 具体的には、硬直が4F短くなり、攻撃判定が前へ移動、喰らい判定が縮小しています。
【近立ち中キック】
  • ヒット時にローズ側の有利が+4Fとなるように。
    • 【近立ち中キック】→【しゃがみ中パンチ】がコンボとして繋がるようになっています。
【しゃがみ中キック】
  • 相打ちとなった際にローズ側のみカウンターダメージを受けてしまう現象を修正しました。
【EXソウルリフレクト】
  • 7F目までが飛び道具無敵となり、弾反射判定が5F目から発生するようになりました。
    これにより、とっさに飛び道具を反射しやすくなっています。
【ソウルサテライト】
  • コマンド入力で、レバー斜め左上に入った場合に【EXソウルリフレクト】が発動する現象を修正しました。

  • よりテクニカルなキャラクターへと昇華すべく、細かいポイントでの強化を図っています。
【忌流しゃがみ強パンチ】
  • 被カウンターダメージの倍率を通常と同様の1.25倍となるように変更しました。
【忌流しゃがみ強キック】
  • 攻撃判定持続を5Fに延長しています。
【中・強逆瀧】
  • 最終段が発動した場合に必ずSCゲージが+10されるボーナスがつきました。
【強逆瀧】
  • 最終段がヒットするとクイックスタンディング不可能なダメージを与えられるように。
    起き攻めのチャンスが広がりました。
【EX蛇穿】
  • 性能が大きく変化しました。
    • 発動時のボタン押し分け(弱+中 or 弱+強 or 中+強)で移動距離・ダメージヒット数が変化するようになり、攻撃判定が終了するまでは弾無敵となるように調整しています。
  • 全強度の【蛇穿】において最終段の一つ手前の部分がヒットしたorガードされた場合、相手側の硬直を4F延長しました。
  • 【EXセービング】→【前ダッシュ】を行うと、ヒット時は+6F、ガード時は+2Fそれぞれ元側が有利となります。
【死点穴】
  • 発生を9Fから7Fに短縮しました。
【EX蛇穿】
  • 最終段一つ手前の攻撃がヒットした場合、
    相手側硬直時間を+1Fして【EXセービング】→【前ダッシュ】で最大8F有利がとれるようになりました。
【Lv1セービングアタック】
  • 流派ごとに異なる性能に変更しました。
    • 喪流は【Lv1セービングアタック】をヒットさせて最速で【前ダッシュ】した時に有利不利が五分となるように。
    • 忌流は【Lv1セービングアタック】をガードさせて最速で【前ダッシュ】した時に有利不利が五分となるように。
【EX徨牙】
  • ダメージが100→150にアップしました。
【EX徨牙〜派生〜遠距離蹴り】
  • 速度がアップし、ヒット時には更なる追撃が可能となりました。
【忌流しゃがみ中キック】
  • ヒット時に1F有利、ガード時に1F不利となり、喰らい判定が縮小しました。

ダン

  • いろんな意味でストリートファイターシリーズ最強のダンを目指すべく、
    様々なポイントにおいて調整を行いました。
【近立ち強キック】
  • ヒット時のヒットバック距離を大幅に短くしました。
    密着でヒットした場合、もう一度近距離攻撃を使用できる程度の距離となっています。
【近立ち中パンチ】
  • 発生が5Fに。全体フレーム減少。
【しゃがみ強キック】
  • 発生が10Fに。全体フレーム減少。
    • 【近立ち中パンチ】がカウンターヒットした場合、【しゃがみ強キック】でダウンを奪うことが可能に。
    • 【近立ち強キック】→【近立ち中パンチ】→【しゃがみ中キック】→【EX断空脚】というコンボも可能に。
【EX空中断空脚】
  • 高度制限を緩和しジャンプ移行開始7F目の高さから発動することが可能となっています。
  • 【晃龍拳】→【EXセービング】→【前ダッシュ】→【EX空中断空脚】が全段ヒットするようになりました。
  • スタン値は100+75+75の合計250にマイルド調整となっています。
【強空中断空脚】
  • ダメージが50**3の150に。
【強断空脚】
  • 50+40+40の130へダメージアップしています。
【しゃがみ挑発】【ジャンプ挑発】
  • ヒットボーナスとして、ヒット時はSCゲージが+70、ガード時には+30されるように調整を加えています。
【必勝無頼拳】
  • 密着状態から発動した場合に特定キャラに全段ヒットしない現象を調整して全段ヒットするようにしました。
  • ただし、少し離れたところでヒットした場合にはこれまで通り全段ヒットしないように。

スパ4参戦組

T.ホーク

  • 全体的なキャラクター相性を踏まえた細かい調整を行いました。
【しゃがみ強キック】
  • 1段目ガード硬直を2F延長しました。
    • 1段目をガードした直後に相手側がジャンプで逃げようとすると、ジャンプ移行モーション中に2段目がヒットするようになりました。
  • 動作中、頭部分の喰らい判定が飛び道具無敵に。
    一例としてサガットの【タイガーショット】をすかすことができます。
【ヘビーボディプレス】
  • 垂直ジャンプからでも発動可能となりました。
【スラストビーク】
  • ヒット時にホーク側が-2F不利になるよう、これまでより不利フレームが短縮しました。
【中トマホークバスター】
  • 発生から空中判定となるまでの間に投げ無敵となるように調整しました。
【コンドルスパイア】
  • 簡易コマンドを調整し、以前よりも発動しやすくしました。
  • Beta:簡易コマンドを現在稼動中の「スパIV AE」と同様の形に戻しました。
【EXコンドルダイブ】
  • ヒットした場合は硬直終了まで飛び道具無敵が持続するようになりました。
【ヘビーショルダー】
  • 垂直ジャンプからでも出せるようになりました。
【レイジングスラッシュ】
  • 簡易コマンドを変更し、これまでより発動しやすく調整しました。
【近強K】
  • 発生を7Fに、全体Fを23F に、ヒット時吹き飛びダメージに

ディージェイ

  • 全体バランスを踏まえつつ火力不足の緩和。
【遠立ち中パンチ】
  • 攻撃判定を前に拡大し、リュウと同じように必殺技キャンセルを可能にしました。
  • ダメージが90ありますので、時には相打ち覚悟で仕込み牽制に振っていくのもアリでしょう。
【エアスラッシャー】
  • 発射後もつづくカウンター喰らい設定を排除し、通常喰らい設定に戻しました。
【ダブルローリングソバット】
  • ダメージが、弱:80→90、中:100→110、強:120→130と前回からアップ。
  • 中版については初撃がヒットした時は、2撃目がスカりづらいよう調整を加えました。
【ソバットフェスティバル】
  • スーパーコンボの【ソバットカーニバル】からキャンセルして出せるように設定しました。
    • ダンのスーパーコンボ⇒ウルトラコンボをイメージして頂くと分かりやすいかと思います。
  • キャンセルタイミングは、【ソバットカーニバル】の最後の攻撃の1つ前の攻撃から。
    それまでにコマンドを完成させれば、キャンセルして【ソバットフェスティバル】を発動する事が出来ます。
  • スーパーコンボ⇒ウルトラコンボ気箸弔覆い聖のダメージは570ありますので、
    一発逆転にSCゲージを温存するのも良いでしょう。
【近立ち強キック】
  • 初段がヒットした場合は強制立ちダメージとなるようにし、
    2段目がスーパーキャンセル可能になりました。
    ガード時はディージェイが2F不利になるように調整を加えています。

ガイ

  • ガイは、戦闘スタイルを保ちつつの技強化調整を行っています。
【垂直ジャンプ強パンチ】
  • 攻撃矩形を拡大。
【斜めジャンプ中パンチ】
  • 攻撃矩形と喰らい矩形を拡大。
【斜めジャンプ強キック】
  • 攻撃矩形と喰らい矩形を拡大。
    • 主に、下方向に当たりやすくなるよう攻撃矩形は調整を加えています。
【つかみ投げ】【背負い投げ】
  • 投げ間合いがこれまでより広くなりました。
  • 間合いとしてはリュウとおなじ広さですが、以前よりも投げやすくなっています。
【肘落とし】
  • コマンドですが、レバー真下だけではなく斜め前下・斜め後ろ下でも出せるよう設定しました。
    • これにより、とっさに技を出すのがかなり簡単になりました。
【武神イズナ落とし】
  • 弱・中・強・EXにおいて、攻撃を出さなかった時の着地硬直を削減しました。
    • 相手の目の前に着地して通常投げを狙ったり、相手の反撃を無敵技で潰すことも有効となります。
【EX武神旋風脚】
  • 状況によって当たりにくかった現象を当たり易く調整しました。
    • 以前より、跳んできた相手への対空でスカッたり、姿勢の低い相手にスカることが減っています。
【首狩り】
  • 屈みで密着状態の相手を飛び越さないように調整を加えました。
【後ろ歩き】
  • 後退速度がこれまでより速くなりましたので、相手との間合いを調整し易くなっています。
【三角跳び】
  • 壁を蹴った後に、これまでより早いタイミングで攻撃を使用することが可能になりました。
【武神八双拳】
  • 最終段の攻撃判定を拡大し、最後までヒットしやすくなるように調整を行いました。
【武神無双連華】
  • 簡易コマンドを変更しこれまでより発動しやすく調整しました。
【武神轟雷旋風陣】
  • 攻撃動作の移動量増加、武神無双連華の投げ間合いの拡大

コーディー

  • 使用する状況・頻度が少ないと言われている【ナイフ攻撃】への可能な部分での見直し、
    立ち回り部分の調整を行っています。
移動速度
  • 前進と後退の移動速度が速くなりました。
【ハンマーフック】
  • ヒット時・ガード時の有利不利を見直し。
    • 立ちの相手にヒットした時は3F有利、屈みの相手にヒットした時は1F不利、
      ガードされた時は4F不利になっています。
  • ナイフを持った状態でも使えるようにしました。
    • 立ち状態の相手に当てる事が出来れば、
      ・【しゃがみ弱キック】→【中ラフィアンキック】
      とコンボを繋げることが可能です。
【バッドスプレー】
  • 2ヒット技にし、スーパーキャンセル可能に設定しました。
    • これにより、EXSAキャンセル前ダッシュをからめれば、
      ・【バッドスプレー】→【ファイナルディストラクション】
      を当てることも可能です。
【中ラフィアンキック】
  • 攻撃矩形を前方向に拡大しました。
【EXゾンクナックル】
  • 1ヒット目の横方向への吹き飛び距離を少し大きく調整しました。
    • これにより、EXSAキャンセル前ダッシュから【ファイナルディストラクション】へ繋ぎやすくなっています。
ナイフ関連
  • 【ナイフ拾い】動作中にレバーを対応するガード方向に入れていれば、ガードに移行できるよう設定しました。
  • 【立ち弱パンチ(ナイフ)】はヒット時6F有利に。
  • 【立ち中パンチ(ナイフ)】は2ヒット技に。
  • 【立ち強パンチ(ナイフ)】はヒット時3F有利になりました。
  • 【しゃがみ中パンチ(ナイフ)】の攻撃判定持続が4Fになり、腕の喰らい矩形が縮小され潰されにくくなりました。
  • 【しゃがみ強パンチ(ナイフ)】の発生が7Fになり、対空として使いやすくなりました。

いぶき

  • 可能な限りの不満点改善と技性能の見直しをかけ、強化調整を行なっています。
【梵鐘蹴り】
  • 動作軌道を調整し、屈みの相手に当たりやすくしました。
  • ヒットした時は1F有利、ガードされた時は3F不利に調整し、
    カウンターヒット時は5F有利となっています。
  • ヒットバック距離を短くし、カウンターヒット時にコンボを繋げやすくなるように調整を加えました。
【頭砕き】
  • ターゲットコンボ版も含め発生が26F→25Fになりました。
【築地越え】
  • 飛び上がり時、空中判定になるまで投げ無敵を設定。
  • 動作開始から12Fまで相手の低い攻撃を避けやすいよう喰らい矩形を縮小調整。
  • スパキャン受付をもっと早いタイミングから出来るように設定しました。
    これにより相手の目の前で投げをすかし、正面から【霞朱雀】を当てることが可能です。
【鎧通し】
  • 弾部分について、空中状態の相手にフルヒットするよう調整しました。
  • 相手キャラや位置状況によっては、後ろダッシュで【鎧通し】の投げ判定をスカされても、
    弾部分がフルヒットするようになっています。
  • 簡易コマンドを変更し、これまでより発動しやすく調整しました。
【破心衝】
  • 空中状態の相手にロック分岐するまでの攻撃が当たるよう調整を加えました。
    • 【セービングアタックLv2】のダメージで空中状態になった時に【破心衝】が当たっても、
      ロック分岐するところまでは全てヒットするようになっています。
  • Beta2:初撃が相手にヒットした時、立ちダメージになるよう設定しました。

まこと

  • AEで爆発力が強化されたまことですが、全体のバランスを考慮した上での調整を施しています。
体力
  • 1000から950に調整しました。
【直上正拳突き・吹上】
  • ダメージが弱・中・強は100→90に、EXは140→120に調整が入っています。
【EX吊るし喉輪・唐草】
  • 投げ間合いを弱と同じ程度にしました。
【立ち強キック】
  • 攻撃判定を下方向に拡大。
【ターゲットコンボ1】での【立ち中キック】
  • 通常版と同じようにキャンセル可能としました。
【丹田練氣・攻めの型】
  • 効果時間が3秒追加されました。
【垂直ジャンプ中パンチ】
  • 攻撃矩形と喰らい矩形を前方向に拡大調整しています。
【突進正拳突き・疾風】
  • タメた際の性能に上方調整が入りました。
    • 弱のLv3、Lv4と中のLv4は移動距離が増加。
    • Lv4全強度でガードされた場合にまこと側が2F不利となりました。
    • Lv5は全強度にアーマーブレイク属性を付与。
      移動距離の増加、ダメージが170→190に増加し、Lv5までタメたタイミングがボイスで分かるようになっています。

ダッドリー

  • 今回の調整では技の見直しと性能強化で、トータルポテンシャルアップを目指しています。
【立ち強キック】
  • カウンターヒット時7F有利になるよう調整を加えました。
    • 【立ち強キック】カウンターヒット時に【弱ダッキング】でキャンセルすると4F有利になります。
【垂直弱パンチ】
  • 攻撃判定持続を延ばし攻撃矩形を拡大。
【垂直強パンチ】
  • 発生を6Fにし、攻撃判定持続を延ばして攻撃矩形拡大を行なっています。
【斜めジャンプ弱パンチ】
  • 持続を延ばす調整を加えています。
【斜めジャンプ中パンチ】
  • 持続を延ばす調整を加えています。
【セービングアタックLv1】
  • ヒット時ガードされた時の相手硬直を+1F追加しました。
    • これにより、ガードされた時、前ダッシュキャンセルでダッドリー側が3F不利となります。
【ショートスイングブロー】
  • 中と強の下半身の喰らい判定を縮小し、相手のしゃがみ攻撃をすかしやすくしました。
  • 中・強ヒット時の相手側硬直を2F延長し、
    ヒット時に2F有利になるように調整しました。
【サンダーボルト】
  • 弱・中・強・EXにおいて空中の相手にヒットした時取りこぼさないよう調整を加え、
    ヒット時受身不可に設定しました。
  • EX版は、発光とSEのタイミングを遅らせています。
【勝利の薔薇】(屈+PA)
  • スーパーキャンセル・EXSAキャンセル可能に設定しました。
【ローリングサンダー】
  • 空中状態の相手にロック分岐するまでの攻撃が当たるよう調整を加えました。
    • 【セービングアタックLv2】のダメージで空中状態になった時に【ローリングサンダー】が当たっても、ロック分岐する攻撃までは全てヒットするようになっています。
  • Beta:初段を空中の相手にヒットしないように設定しました。
    なお、2段目以降は空中の相手に対する追撃判定が付属しています。
【ジェットアッパー】
  • 発生が弱・中は6F→5F、強は4F→3Fに早くなりました。
【ダッキングアッパー】
  • 発生を現在稼動中の「スパIV AE」と同様の形に戻しました。
【しゃがみ中キック】
  • 発生10F→8Fに早くし、攻撃判定持続を5F→6Fに延長したことで、
    けん制技として使い勝手が向上しています。

アドン

  • 不満点や使いづらかった技を見直しての微強化調整を行なっています。
【近立ち中パンチ】
  • ガードされた時の不利フレームが4Fになりました。
【近立ち中キック】
  • ヒット時の有利フレームが2F、ガードされた時の有利フレームが3Fになりました。
  • Beta:性能を現在稼動中の「スパIV AE」と同様の形に戻しました。
【セービングアタック】
  • 攻撃矩形の位置を見直し、姿勢の低い相手にも当たるように調整しました。
【ライジングジャガー】
  • 弱・中・強の初撃の横方向吹き飛び距離を少し大きくし、
    EXSA前ダッシュからの追撃でアドンの向きが逆になりづらいように調整を加えました。
  • 強版からのEXSAキャンセル可能フレームを1F延長し、
    【アバランチジャガー】に繋ぎやすくなっています。
【ジャガーリボルバー】
  • 密着して発動した時に相手を飛び越さないように調整を加えました。
    • しゃがみの相手は飛び越えてしまいますが、立ちの相手であればクリーンヒットしやすくなっています。
【ジャガーキック】
  • 弱・中の喰らい判定を拡大しました。
    また強は喰らい判定はそのままで、ダメージが140→130にマイルド化しています。

ハカン

  • 弱キャラのイメージを払拭するべく、ハカンには色々と大幅な強化を施しています。
基本性能
  • バトル開始時からオイル状態になっていることです。
    • 今回のハカンは毎ラウンド開始時にオイル状態からバトルが始まります。
【垂直ジャンプ弱キック】
  • 攻撃矩形の位置とサイズを調整。
【垂直ジャンプ弱パンチ】
  • 攻撃判定持続を8Fに。
【垂直ジャンプ中パンチ】
  • 攻撃判定持続を4Fに。
【斜めジャンプ弱パンチ】
  • 攻撃判定持続を8Fに調整しています。
【しゃがみ強パンチ】
  • 2ヒット技に変更。
【ハカンタックル】
  • 攻撃判定発生中の喰らい矩形のサイズを縮小しました。
【ガードポジション】
  • オイル状態のダッシュから発動すると滑るように設定しました。
    前ダッシュ・後ろダッシュのどちらでも滑るようになっています。
【オイルスライディング】
  • スタン値の入り方に変更を加えています。
    • 【オイルシャワー】派生を入力済みのスライディングでスタン値が100入るよう設定。
    • 【ボディプレス】の派生入力が行われているスライディングがヒットした場合は、
      【ボディプレス】部分でスタン値がまとめて150入るように変更。
      気絶させた時のチャンスを潰してしまわないようになっています。
【オイルダイブ】
  • 動作軌道と攻撃リーチを調整し、強とEXの判定を強めに調整しました。
  • 中と強は、密着した屈みの相手を飛び越えるように調整しています。
  • 弱の発生は早くし、中の発生を前回の弱に、強の発生を前回の中に調整しています。
  • 弱・中・強・EXの投げ矩形を下まで拡大し、立ち状態の低い姿勢にもスカらないようにしました。
【フライングオイルスピン】
  • 投げ判定を強めに設定し、中と強は密着した屈みの相手を飛び越えるようにしています。
  • 弱と中の発生をこれまでより早くに調整しています。

ジュリ

  • 全体バランスを踏まえつつ、よりテクニカルに攻めていけるような調整を図っています。
【風水エンジン】
  • 発動中の前ダッシュ性能を調整し、移動速度をアップしました。
    • これにより移動距離が大きく変わっています。
  • 【風水エンジン】中はSCゲージが溜まらない仕組みにしていたところを、
    通常時の3分の1溜まるように変更しました。
    • 【風水エンジン】中のSCゲージ状態を把握できれば、更なる一撃を狙えるようになりました。
【近立ち中キック】
  • 2撃目の攻撃判定を拡大し、1撃目が当たった後スカりづらいようにしました。
【セービングアタック】
  • 攻撃矩形の位置を見直し、姿勢の低い相手にも当たるように調整しました。
【風破刃】
  • 蹴り上げ攻撃部分のダメージを50に調整しました。
【穿風車】
  • 弱の1撃目のヒットした時の有利フレームを+5F追加。
  • 中・強の1撃目と2撃目のヒットした時の有利フレームを+5F追加。
  • EX版の2撃目のヒットした時の有利フレームを+5F追加しています。
  • これにより、
    ・【穿風車】→【EXセービング】→【前ダッシュ】→【回旋断界落】
    といったコンボが可能になりました。
  • 【風水エンジン】中のEX版の無敵時間を1撃目中まで設定し、潰されにくくしています。
  • Beta:ヒット時の相手側硬直を再調整。
    【EXセービング】→【前ダッシュ】で、
    ・弱は一段目最大6F、二段目3F、
    ・中・強は一段目・二段目どちらも6F、
    ・EXは一段目3F、二段目8F有利
    がとれるようにしました。
EX版【疾空閃】
  • 風水エンジン】中ではキックボタンの組み合わせで軌道を選べるよう設定しました。
    • 弱+中:これまでの軌道、中+強:通常版の中の軌道、強+弱:通常版の強の軌道、
      となり、弱+中+強の入力だとこれまでの軌道となるように。
【近立ち中パンチ】
  • 発生が5F→3Fに早くなりました。
    これまでより近距離でのコンボが決めやすくなっています。

スパ4AE参戦組

ユン

  • お手軽さを失くし、上手い人が強さを発揮できるテクニカルキャラへの調整を図っています。
【ターゲットコンボ2】
  • ダメージが120に調整されました。
【ターゲットコンボ3】
  • ダメージが120に調整されました。
【ターゲットコンボ4】
  • ダメージが130に調整されました。
  • 2撃目がガードされた時、6F不利に。
【ターゲットコンボ5】
  • ダメージが70に調整されました。
【しゃがみ弱キック】
  • 喰らい判定を上に拡大。
【しゃがみ中パンチ】
  • ダメージを60→50に調整しました。
【雷撃蹴】
  • 弱・中・強全てにおいて高度制限がこれまでより高く設定され、着地硬直を2F追加しました。
  • ヒット・ガード時の相手硬直もこれまでより2F追加しています。
【旋風脚】
  • 幻影陣発動中のダメージが85→80に調整されました。
【前方転身】
  • 弱・中・強の攻撃矩形発生が11Fになり、EX版は攻撃矩形発生が8Fになりました。
  • EX版の投げ無敵は削除しています。
  • Beta:弱・中・強の発生が11F→10Fに早くなりました。
【絶招歩法】
  • EX版の攻撃分割を7/2から6/3に変更し、密着でガードされて1F不利に調整しています。
【虎撲子】
  • 中・強のゲージ増加量を20に。
  • 弱の全体動作を25F、中の全体動作を45F、強の全体動作を45Fに調整しています。
  • 中・強のダメージを160→140、スタン値を250→200に、削りダメージを30・30に調整しました。
  • 中・強の攻撃判定持続は10Fに調整されています。
【ニ翔脚】
  • 弱の無敵設定を、攻撃判定の出た次のフレームで切れるようにし、
  • 弱・中・強・EXの着地硬直を増やす形で調整しています。
  • 中のダメージを130→110に調整しました。
【鉄山靠】
  • 強のダメージを140→100に、EXのダメージを80+70→90+40の130に調整。
  • 弾抜け移動部分の打撃喰らい判定を拡大し、打撃攻撃は喰らいやすいように設定しました。
【幻影陣】
  • 効果時間が1秒ほど短くなり、稼げるダメージがこれまでより少なくなりました。
【立ち弱キック】
  • ガード時の相手側硬直時間を1F延長し、ガードさせて2F有利になるように調整しました。
【ターゲットコンボ3】
  • 2段目がスーパーキャンセル可能になりました。
【基本性能】
  • スタン耐久値950に変更。

ヤン

  • リスクとリターンを見直しつつ、上手い人が強さを発揮できるテクニカルキャラへの調整を図っています。
【ターゲットコンボ2】
  • ダメージが130になり、2撃目がガードされた時、7F不利に調整しています。
【立ち弱キック】
  • 攻撃判定発生が5Fになりました。【星影円舞】中は以前のままです。
【しゃがみ弱キック】
  • ダメージが30→20になり、喰らい判定を上に拡大しました。
【しゃがみ中パンチ】
  • ダメージを80→70に調整。【星影円舞】中は60に調整しています。
【遠立ち中パンチ】
  • 攻撃判定が少し後退し、攻撃リーチが短くなりました。
【斜めジャンプ中キック】
  • 攻撃判定のサイズを調整し、以前よりもめくり跳び込みは簡単には狙えないようになっています。
【雷撃蹴】
【穿弓腿】
  • 強版の5F目まで飛び道具無敵を削除。
  • 中版の飛び道具無敵を全て削除。
  • 攻撃判定においては、弱・中・強・EXの矩形横幅をこれまでより半分ほど削減調整。
  • ガードされた時にEXSAキャンセル前ダッシュを行なった場合、
    一律4F不利になるよう相手ガード硬直フレームに調整を加えました。
【前方転身】
  • EX版の投げ間合いをすこし狭くし、投げ判定発生を8Fに、投げ無敵を削除しました。
【蟷螂斬】
  • 弱・中・強の最後の攻撃のダメージを60に調整し、EX版を全段連続ガードになるよう調整しました。
【白虎双掌打】
  • 中・強の空振りでのSCゲージ増加量を20→10に調整し、弱・中・強の全体動作が2F長くなりました。
  • 強のダメージを150→140、削りダメージを30、スタン値を250→200に調整。
  • 中・強の攻撃判定の持続が4F短くなっています。
  • Beta:星影円舞中のみ全体フレームを現在稼動中の「スパIV AE」と同様の長さに戻しました。
【星影円舞】
  • 効果時間が1秒ほど短く。削りで与えられるダメージ値も下方調整しました。
【雷震魔破拳】
  • リベンジゲージマックス時のダメージを480→450に。
【転身穿弓腿】
  • 攻撃判定の発生がこれまでより3F遅く。
  • リベンジゲージマックス時のダメージが440→410に調整しました。
  • ロック演出に移行しないときのスカヒット版での最後の攻撃のダメージを90に調整しています。
【EX蟷螂斬】
  • ボタンリリースで発動しないように調整しました。
【ターゲットコンボ3】
  • 三段目を吹き飛びダメージに変更し、またスーパーキャンセル可能になりました。
【バックステップ】
  • 後半の必殺技キャンセルタイミングを24F目から26F目に変更しました。
【基本性能】
  • スタン耐久値950に変更。

殺意の波動に目覚めたリュウ

  • 攻撃の多様性を高め、リュウや豪鬼とのさらなる差別化を目指した強化調整を行なっています。
基本性能
  • 体力が850→900になり、スタン耐久値が850→900になりました。
【遠立ち強キック】
  • 攻撃判定を拡大。
【しゃがみ強キック】
  • 発生を6Fに調整しました。
【遠立ち強パンチ】
  • カウンターヒットした時は吹き飛びダメージになるよう設定し、
【ターゲットコンボ】での【立ち強パンチ】
  • ヒットした時はカウンターに限らず、吹き飛びダメージになるよう設定しています。
    • EXSAキャンセル前ダッシュをからめれば、更なる追撃も可能となります。
【旋武脚】
  • 【空中竜巻旋風脚】がキャンセルで出せるようになりました。もちろんEX版も可能です。
    • 相手のセービングアタックを読んで仕込みで発動したり、SCゲージがある時は【瞬獄殺】との二択を掛けることが出来ます。
  • 画面端であれば、
    ・【旋武脚】→【EX空中竜巻旋風脚】→【滅・波動拳】or【中竜爪脚】
    といったコンボが可能です。
【昇龍拳】
  • 中の完全無敵を1F伸ばしました。
【竜爪脚】
  • 弱ヒット時は1F有利に調整。
  • 強の発生を26Fに、ダメージを140→130、スタン値を200→150にして、
    中と同様の追撃性能を設定しました。
  • 空中の相手に中・強をヒットさせた場合、受身不可に設定しています。
  • EX版の発生は21Fに調整しています。
【空中竜巻旋風脚】
  • ジャンプ昇りから出した際にブレーキが掛かる位置をこれまでより緩和しています。
    • 逃げ竜巻がギリ復活。
【瞬獄殺】
  • ダメージが350→370に上方調整されました。
【滅・波動拳】
  • タメ時間をこれまでよりも短くしました。
    • 【セービングアタックLv2】を当てたとき、
      最速前ダッシュから最大タメ版の【滅・波動拳】を当てることが出来るようになっています。
    • 【任意の通常技】→【EX波動拳】→【EXセービング(Lv2)】→【前ダッシュ】→【最大タメ滅・波動拳】といったコンボが可能です。
【しゃがみ強キック】
  • 発生を6F→7Fに、ダメージを90→100に、攻撃判定持続を2F→3Fに再調整しました。
【強・昇龍拳】
  • 初段のダメージを90→100にアップし、合計160ダメージ与えられるようになりました。
【遠立ち中キック】
  • リーチを伸ばし、硬直を1F減らす調整を行ないました。
    結果、ヒット時+2F、ガード時-4Fとなっています。

狂オシキ鬼

  • 全体バランスを踏まえつつ、気になるところに手を入れての微強化で安定化を図っています。
基本性能
  • 体力が950→1000になりました。
【豪昇龍拳】
  • EX版のみ、初撃ヒット時受身不可に設定しました。
【竜巻斬空脚】
  • EX版がフルヒットせずスカってしまう現象について緩和調整を行いました。
【弱羅漢断塔刃】
  • 攻撃矩形を根元下方向に追加し、姿勢の低い状態や屈みの相手にも当たりやすくしました。
【瞬獄殺】
  • ダメージが地上版・空中版ともに350→370に上方調整されました。
【滅殺豪天破】(空中UC)
  • 攻撃の発生を9Fとし、攻撃判定後発生1F後まで完全無敵に設定しました。
【斬空波動掌】
  • ヒットもしくはガード時に、
    ウルトラコンボ気痢斂濃豪斬空】がキャンセルできるようになりました。
【弱・中斬空波動掌】
  • キャンセルで出せる【EX空中竜巻斬空脚】の軌道が垂直に落下するように。
    ダメージ140、スタン値200の1ヒット技に変更しています。
【弱・強斬空波動掌】
  • 攻撃判定のサイズを拡大しました。
【空中瞬獄殺】
  • 空中の相手のみにヒットする打撃技に変更し、
    コンボとして繋がるように調整しました。

    ダメージは370→320に再調整をしています。
  • 地上版の【瞬獄殺】は従来通りの投げ判定です。
【中・羅漢断塔刃】
  • 飛び道具無敵が16F→19F継続するようにしました。