• 「動画といえば、個人的に自分のプレイのリプレイや、
    『トッププレイヤーのプレイのリプレイをどうみるか』っていう解説をいつかしてほしいなあと思ったり。天則とかだと「よく自分のプレイ見返したほうがいい」っていうけど、
    どうみていいのかが正直よくわからなかったり・・・

てなリプライをもらったので、自分のやり方を公開してみる。

追記(2016/09/17)

自分の動画を見るときのポイント

ダメージを受けた時

  • リプレイから覚えられる、もっとも簡単かつ勝利に結びつきやすい要素として、「価値あるダメージと無駄なダメージの区別をつけること」があります。
  • 1ラウンドの間で「攻撃を食らった時の状況・ダメージ・行動」を以下の2種類に分けていきます。以下の説明はスパ4を基準に書いていますが、どの格ゲーでも使える基準だと思います。慣れてくれば自分なりの基準を作ってもいいです。
食らっても立ち回りにはさほど影響が出ないケース
  • 基準としては「食らっても問題のないレベルのダメージかどうか」あたり。
    試合序盤での残り体力が多い状況での小パン1発、牽制の屈中K1発程度は致命傷ではない。
    • 例:相手が遠距離牽制としてなんとなく打った飛び道具がヒット
    • 例:中距離でのジャンプ防止牽制に引っかかる(追撃なし)
食らってしまうと立ち回りへの影響が大きいケース
  • 対空からの最大コンボ
    • 例:同じようなタイミング、距離での低空ダッシュ、前J飛び込みの繰り返し
    • 例:相手が飛ばないで牽制を振り回し、飛び込みを(誘って)待っている状態での飛び込み
    • 例:固めを嫌がっての上飛びを読まれての最大コンボ
      (CPハクメンの空投げODコンボなど)
  • 起き攻めでの判断ミスからの最大コンボ
    • 例:相手がゲージMAXかつ詐欺飛び起き攻めをしているのに昇竜をこする
    • 例:対戦中に何度も当て投げをされているのに、暴れないでガンガード
    • 例:飛び道具を重ねられているのにバクステこすり

崩された状況

  • 起き攻めから、飛び込みから、ダッシュからの密着択からなど

他人の動画を見るときのポイント

  • 基本、自分と同じキャラの動画を見る
    • 持ちキャラ以外の動画は勉強にはなるが、自分の上達には結びつきにくい。
  • 試合を見るときは最低2回は見る。
    結果を知った上で試合を見ると、行動の見方はまた変わるため。

立ち回り

何処で大きなダメージを取っているか
  • 対空、牽制、起き攻めなどの「立ち回り」での減少を絞れば発見しやすい。
  • 勝ち試合の場合は「何を読んだ上で読み負けてダメージを食らった」かを覚えておきたい。
    もし実戦で自分が同じようなケースに陥った場合、「その状況を見たことがあるかどうか」で勝負が決着することもある。
    初心者レベルの場合、まずは「初見殺し」を減らすことが勝率の底上げ、勝利への近道となる。
ダメージを何処で食らっているか
  • 牽制で読み負けて食らってるのか、対空で落とされて食らってるのか、起き攻めで読み負けてるのかなどの判断。
    • 起き攻めの場合、【崩した技】に注目しよう。
      例:めくりによる表裏を複数回迫った後のすかし下段や着地暴れ潰しなど。
      これは相手の意識が「表裏の2択」に行っているから通る行動。
どの技をどの状況で出しているか、どういう対応をしているか
  • 小技の空振り、牽制を置くにしても、相手の行動・目的を読んだ上で出す必要がある。
    • ジャンプからの攻めが強い相手に当て身や対空技を見せたり、間合い調整で対応するなど。

動画例:

スパ4AEVer.2012 マゴvsマイケルたん エンドレスマッチ(1/2)

上手いな、と感じたところ

ケン:しゃがグラ漏れの小足をガードしないように間合い調節し、小足が出たところで6中K差し返し
  • 0-0の1ラウンド目の行動。
ケン:セビに対して屈中K仕込み大竜巻
  • 1-0の1ラウンド目の行動。
ケン:ゲージMAX時の起き攻めで投げを何回も狙っている
  • グラ潰しになる大昇竜拳はセビキャン出来るため、ガードされても攻め継続しやすい。
    別の選択肢として「ヒット確認可能かつダメージが大きい+発生の早い昇龍裂破」が使える。
    なのに、投げを使って相手の意識を散らしていたこと。
    • 注目するべきは、
      「ゲージがあるケンは昇竜セビキャンでグラ潰しをしてくる」というセオリーを理解し、その上で外していること。
サガット:飛び込み大K後の移動アパカ
  • 0-0の2ラウンド目での行動。
  • 通常だと連続ヒットするか怪しい間合いでの大Kが当たった後に、フォローでの移動アパカ。

課題

  • 負けたキャラと同じ組み合わせで勝っている試合を見て、ネタを真似る
  • 自分の負け試合のリプレイと同じ組み合わせの他人の勝ち試合のリプレイを見比べる

まとめ

  • 最初のうちは「ダメージを大きく取っているところ」「起き攻め」「対空」を動画でチェックする。
    慣れてきたら、「相手との間合い」「振っている牽制」などの立ち回りで気になるところをチェックしていく。
  • リプレイは何回も見る。同じ試合も、流れを意識しながら見ると、また得られる情報が変わってくる。