個人的な覚書も含めてのまとめ。

【基本立ち回り】

【全般】

  • 牽制相性のお陰で、美鶴側が試合の主導権を握れます。有利です。
    • 美鶴のA系牽制に共通する「リーチの長さ」が、
      ラビリスの「通常技の発生が遅め」「リーチが短い」という、
      覆せない弱点に噛み合いすぎ。
    • 美鶴の5A先端距離ぐらいをキープしてプレッシャーを与え、
      甘えた動きを誘発させていく。
  • 相手の火力は斧ゲージに左右され、メインダメージソースは空中コンボ。
    浮かせる方法は一部の始動技なので、これを警戒して立ち回ろう。
  • 基本的には他のキャラ同様、画面端に追い込んでいく立ち回りを取る。

【開幕】

  • 1ラウンド目は斧ゲージが緑なので、前に出ていく。
    • 美鶴の牽制能力上、下がった方が立ち回りでは有利だが、
      ダメージを奪えない状態で間合いを離しても、動きを強制させづらい。
      ここらへんはプレイングで判断を切り替えよう。
    • 2ラウンド目以降は相手の斧ゲージ状況を見て判断。
      • :ラビリス側は強気の攻めに出たいところ。どう潰すか。
      • :ちょっと厳しいが、相手も開幕からチャンス。
      • :通常時。無理せずに様子見。
      • :強気に攻めるのもあり。
      • 優しく処刑してあげよう。

【接近方法】

  • 相手のタイプにもよるが、
    前ジャンプやAクー・ドロワ、ダッシュJなどで一気に間合いを詰める方がいいかも。

【飛びについて】

  • 移動スピードは早くないので動きを見てから対応しやすい相手。
    ただ、タイミングずらしの空中ギロチン、判定が強いJB系統に注意。
  • 2Bで落としたいが、タイミングずらしになるので空対空JAや空投げで対応。

【ダメージが取れる飛び方】

  • 2B対空が強烈だが、2段ジャンプで2B手前に着地出来るとベスト。
    2Bの空振りに5Aを叩き込める。5Bは無理?

【気をつけた方が良いこと】

  • 一度捕まったら、画面を見ないでの小技暴れや逆ギレ擦りはリスキー。
    ラビリスの崩し自体はそこまで複雑ではなく、ガード出来る範囲。

【距離別立ち回り】

【遠距離】

  • 画面端同士ならば、延々と待つ。待ち続ける。
    で、D系やブフーラやマリンカリンをばら撒いて煽る。
    ひたすら「斧ゲージ切れちゃうよー? 攻めてこないのー?」と相手を煽る。
    • 斧ゲージがダメになればなるほど、火力を出すのは難しくなる。
      B系を空振りすることでゲージを補充出来るが、
      マリンカリンやブフーラ、D系の牽制技のおかげで維持し続けにくい。
  • ラビリスには設置技があるけど、これを盾にして攻めるのはかなり難しい。
    • 端端の相手にはナックルも剣も届かない。

【中距離】

美鶴
  • こちらの5A先端距離。ここで相手の動きを見つつ、しっかり待つ。
    • 5A中心に固めても、相手の読み合いに付き合うことになる。
      Aクー・ドロワも確反になりがちだが、先端ガードでしっかり見せておきたい。
    • 5A牽制を嫌がって前に飛ぶなら、ラインを下げるか空対空JAで対応。
    • 牽制を嫌がって相手が下がるようならば、そのまま前に出てラインを上げる。
      ぶっちゃけ、これが一番美味しい。
    • QEで牽制を潜ってくる場合、JBや投げで対応。一点読みは5BでFC狙い。
    • 固めを上入れっぱで抜けたがる場合、
  • 一気に間合いを詰められるチェーンナックルが厄介。
    • ナックル部分に攻撃判定があり、こちらが待っていると一気に突進してくる場合も。
      派生で中段、下段、様子見の3択がある。
    • ナックルを強気に撃ってくるなら、BJJDなどを見せておく。
      刺さればD追加で追撃、ガードなら押さずに放置。
  • こちらの5A牽制は、2Bや足払いでスカしながら反撃される。
    • 相手が2Bや足払いを振ってくるなら、様子見や当たらない距離をキープ。
      技の空振りにBクー・ドロワを突き刺す。
ラビリス
  • リーチの長いA牽制のお陰で近づきにくい。
    リーチの長い5Cをガードさせてからナックルや足払いで踏み込むか、
    判定の強いJBなどをガードさせて強引に踏み込む。
  • 足払いは5A殺しになるが、硬直とリーチ上使いにくい。

【近距離】

  • どっちから触ったかで有利不利が決まる。先に触った方が有利。
美鶴
  • 斧ゲージをチェックしつつ、適度に固めを迫る。
    • 5Aで固め、B系で暴れ潰し、様子見、2A・JB・投げなどで崩す。
      • 様子見→空ジャンプなどで技を空振らせ、硬直に反撃を合わせてリターンを取る。
    • ぶっ放しの逆ギレがこちらのB系にかち合いやすい。
ラビリス
  • 斧ゲージをチェックしつつ、攻撃をガードさせてプレッシャーを掛ける。
    • 斧ゲージ残量によって崩し方が変わるが、基本的にはエリアルに持ち込みたい。
    • 相手が固まるようなら剣やめくりJB、投げなどで崩しに行く。

【画面位置別立ち回り】

【空対空】

  • 低ダなどは全てこちらのJAで落とせる。
    レイピアの先端を置いて、相手を突き刺すイメージ。
  • 相手のJCは3HITし、強烈な引き寄せ効果を持つ。
    うっかり空対空などでJBなどがCHした場合、
    引き寄せJC>エアギロチン>D猛獣まで入る。

【地対空】

  • JBめくりが非常に厄介。素直にガードするか、両対応になる月影で処理したい。

【空対地】

  • ラビリスの2Bは非常に強烈。
    • 屈んでの頭上を斬り払い。
      発生は遅めだが、
      ・攻撃判定が強い上にジャンプ攻撃無敵持ち
      ・ガードされてもjc可能
      ・そもそも低姿勢で攻撃をスカしやすい
      ・出し切っても反撃を受けない
      と高性能。
      おまけに地上・空中ヒット問わず浮かせ効果があるため、メインの対空技。
    • 溜め可能で対空タイミングずらしにも対応。
      溜め版はヒット時に浮かせる高さが変わり、端バウンドを誘発する。(受け身は可能)
    • 2Cと必殺技に繋げることが可能で、ここからの追撃が非常に痛い。

【画面端での攻防】

追い込んだ!
  • QEと逆ギレに警戒しつつ、5Aを中心に固めていく。
    • ラビリス側からすれば非常に厳しい状況。ここでダメージを奪っていきたい。
追い詰められた!
  • QE、逆ギレ、バースト、ガーキャンを使ってでも逃げたいところ。
    • 「攻撃を避けるスペースがない→攻撃ガードで赤斧になりやすい」
      ということで大ピンチ。どうにかしたい。
    • ゲージがない場合、下手に逆ギレを振らずにおとなしくガード。
      ラビリスの崩しはさほど強くないため、投げに集中してQE抜けを狙いたい。
      赤斧でも食らわなければ、どうということはない!

【起き攻め】

クー・ドロワ締め

  • 受け身するか、寝っぱなしで変わるが、できるかぎり攻め継続したい。

JB締め

  • 密着状態か少し離れた程度。
    体力差を見つつ、再度固めに行くか、様子見か、投げに行くかを狙う。
    • コンボ後は相手の斧ゲージも減っているため、
      露骨にリターンを取られることはない。

【被起き攻め】

空中ギロチン後

  • 地上なら中下段+投げ。空中なら表裏のJBめくりが基本。

車輪刑

【ゲージが溜まった!】

自分

25%
  • あまり使い道はない。SBクー・ドロワぐらいか。
50%
  • Cブフダイン、刹那五月雨撃ちなどが使える。
75%
100%以上

相手

25%
  • SBチェーンナックル、SBギロチンに警戒。
    • 前者は弾無敵の高速突進、
      SBギロチンはコンボに組み込める高火力コンボパーツ技。
50%
  • 投げRCからの追撃、斧ゲージを使用するD猛獣が使用可能に。
    • 食らうのを避けなければいけないのは赤斧時のD猛獣。
      コンボの締めに使ったにもかかわらず、単発で4000超えを叩き出す超火力。
  • 起き攻めでの車輪刑も厄介。
    • 5B押しっぱなしでの一撃、めくり表裏での崩しが可能。ガーキャン安定か?
75%
100%以上
  • 「D猛獣>RC>中下段&投げ」というエフェクトを利用した崩しが見えない。
  • 「5A>エリアル>ギロチンRC>拾い直しA連打コン>D猛獣」で5000ほど消し飛ぶ。
    • ギロチン>RC>A連打コンに繋ぎ直すことで赤斧が確定?

【バーストが溜まった!】

自分

  • 相手の火力が高いだけにどこでバーストするかが重要。
    殺しきれる場合でも、まさかに備えてバーストは温存しておきたい。

相手

  • 投げや画面端などで5B(FC)などを警戒して吐くことが多い。

【ピンポイント攻略】

Aクー・ドロワ後の攻防

  • 直ガされたか、通常ガードかで変わってくる。
通常ガード
  • 攻め継続したいところ。ただ、無理に崩しに行く必要はない。
直ガ
  • 確反。
    直ガされると、5A・2Aともにノーマルヒットで入ってしまう。
    • 一応、逆ギレで確反を潰せるが…。非常にリスキー。
      立ち回りではBクー・ドロワを振りたい。
ヒット
  • 崩しとしてガンダッシュ投げを使いたくなる。

【斧ゲージ】について

  • 赤いとヤバイ。殴ると弱くなる。

【確反系統】

【ガード後確定反撃】

  • D猛牛
    • コンボミスした場合、ブフダイン始動か5BFC始動のコンボを叩きこもう。

【割り込み確定ポイント】

  • 通常5B(発生14F)
    • 硬直差:-8なのでガードすると美鶴5Aが確反。
      とはいえ、必キャンとjc可能なので問題はない。
    • 溜め5Bは+8有利

【必殺技対策】

【参考資料・動画】

ラビリスフレームデータ(ラビリススレより)

  • 5A:6F/-3
  • 5B:14F/-8
  • 5B(Lv2):34F?/+8
    • 発生自信なし。
  • 5B(Lv3):120F
  • 5C:30F
  • 2A:6F/±0
  • 2B:16F
    • 最低限8F目には頭無敵確認
  • 2B溜め:42F/+6?
  • JA:4F 
  • JB:10F
    • 持続が7F以上
  • JBB:12F
  • JC:12F
  • ボコスカ:26F
    • 16Fからアーマー 
  • 足払い:14F/-6
  • 逆ギレ:25F? (自信なし)
  • Aギロ:1段目10F、2段目22F目くらい。
  • Bギロ:16F
  • 空Aギロ:1段目10F 
  • Aチェーン:18F
    • 当然、間合いが離れていればさらに遅くなる
  • A追加:18F
    • ウインチダッシュ→飛んだ瞬間から計測
  • C猛獣:0+18F
  • D猛獣:0+10F 
  • バクステ:全体25Fくらい
    • このゲームの最速ボコスカは23F(直斗?)
  • 投げスカ:全体26Fくらい
    • 比較として美鶴が32Fくらい

斧ゲージ

  • 緑基準で、色が一段階変わるごとにダメージ±10%