• 「格闘ゲームをやりたいけど、パッドしか持っていない…」という人向けの記事。

遊ぶタイトルを選ぼう!

  • 家庭用におけるコントローラーパッドは、どのジャンルのゲームでも遊べるようにするため、
    スパ4などの6ボタンタイトルには向いていません。
  • パッドでも入力しやすい4ボタン操作かつ初心者でもプレイしやすいモードがある、
    「BLAZBLUE」「P4U」がオススメです。

ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ(P4U)

ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ
販売元:アトラス
(2012-07-26)
販売元:Amazon.co.jp

ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ
販売元:アトラス
(2012-07-26)
販売元:Amazon.co.jp

BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND

BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTENDBLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND
販売元:アークシステムワークス
(2011-12-17)
販売元:Amazon.co.jp

BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTENDBLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND
販売元:アークシステムワークス
(2011-12-17)
販売元:Amazon.co.jp

BLAZBLUEをオススメする理由

チュートリアルが充実している
  • 家庭用最新作である「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EX」には、
    BLAZBLUE独特のシステムや格闘ゲームの基本であるジャンプ、移動などを教えてくれる「チュートリアルモード」が存在します。
    • 格闘ゲーム初心者にとって、
      「格闘ゲームの基礎から教えてくれるモード」非常に有り難いものです。
      Wikiなどで自発的に調べることはできますが、ゲーム内にきちんと収録されているのは珍しいです。

P4Uをオススメする理由

A連打コンボの存在
  • 全キャラ共通で、
    「Aボタンを連打するだけで実用的なコンボが出せる」
    のが大きいです。
    • 普通、A連打コンボのような簡単なコンボは威力が低かったり、ゲージを使ってくれたりはしないのですが、P4Uの場合、
      「それなりに火力が出るコンボが入力され、ゲージがあればゲージ技まで使ってくれる」
      という部分で、初心者にとって非常に有り難いシステムを搭載しています。
      また、「A連打コンボはゲージ増加率が高い」というメリットもあります。
ボタン2つ同時押しで切り返し技が出せる
  • 全キャラ共通で「B+D同時押し」で強力な切り返し技が出せる。
    • 普通の格闘ゲームに多い「ガード中に623+ボタンを入力して切り返し」をしなくていいのは初心者に有り難いです。
    • システム的には「逆ギレアクション」と呼ばれる行動ですが、
      このアクションがかなり強めに設定されているのも特徴です。
使用可能キャラの少なさ
  • 使用可能キャラクターが13名と少なめ。
    このため、自分が使う時も相手にする時も覚えることが少ない。
    • BLAZBLUEの場合、最新作では使用可能キャラが23名と、P4Uの倍近くいる。
      このため、相手が何をしてくるか分からない動き(いわゆる「分からん殺し」)でやられやすい。
特殊操作に同時押しが多い
  • ボコスカアクション、振り向き、足払いなどが共通システムとしてあります。
    多少クセはありますが、全キャラ共通システムなので一度覚えればすぐに応用できます。

アーケードの場合

スタイリッシュモードを選ぼう!

  • 近年のアーク製タイトルには大抵搭載されている、初心者でも動かしやすいモードを選びましょう。
    • 「BLAZBLUE」では「スタイリッシュモード」と呼ばれる、
      通常の操作モードより簡単にキャラを操作できるモードがあります。
    • 「P4U」ではこうしたモードはありませんが、
      共通システムにスタイリッシュモードのようなサポートシステムが組み込まれています。
    • 「初心者向けモードwww ダセエwwww」と思わず、まずはこうしたモードでゲームの雰囲気に慣れていきましょう。
      スタイリッシュモードを使い、CPU戦をクリアしていくだけでも、格闘ゲームの面白さである「キャラを動かす楽しさ」が強く感じられます。
  • 初心者モードのないタイトルの場合、残念ながらこうしたサポートは得られません。
    ただ、そういうタイトルは複雑な操作などをあまり要求しないので、焦らずに少しずつプレイして行きましょう。

スティックで技が出せるようになりたい!

スティックとパッドの違い

  • まず、「スティックでの操作」は、パッドでの操作とは別モノです。
    パッド操作ができても、スティックで操作できるかどうかは別の話です。
    なので、「パッドだからスティック出来るだろwww」と考えていると、
    操作の感覚が違うことに驚き、挫折します。
    • 「自転車に乗れるようになる」「泳げるようになる」などの技術と同じで、
      出来ない事を出来るようにするためには、ある程度の練習量と時間が必要となります。
    • スティックでの操作に慣れる練習をしない限り、スティックでの操作は出来るようになりません。
      とはいえ、スティックでの操作が要求されるのはアーケードでもプレイする場合だけなので、
      家庭用だけでプレイする人はパッドのみのプレイでも問題ありません。

どれくらいの期間でパッドプレイ者がスティックで満足に動かせるようになるの?

  • 個人差が非常に大きく、練習量に左右されますが、だいたい3週間〜半年ほど掛かります。
    これは、「自分が納得できるレベルで操作できるかどうか」なので、
    人によってはもう少し早かったり遅かったりします。
  • 1日に長時間練習するより、短時間でも毎日練習するのがおすすめです。
    「基本動作? めんどくせっ!」って人も、ウォーミングアップだと思ってトレーニングモードを使いましょう。

スティック慣れしたい人向けに練習メニューみたいなのはある?

  • 例を2つほど挙げておきます。
    なお、コマンド入力の場合は「連続3回成功でクリアとする」のように、自分なりに課題クリア条件を調節するといいです。
    モードは全て家庭用のトレーニングモードをオススメします。
基本動作編
  • 移動編
    • 前後歩き、ダッシュ、バックステップ、空中ダッシュ、空中バックダッシュなど…。
コマンド入力編
  • 頻出基本コマンド
    • 236、623、214
  • 超必コマンド
    • 半回転(63214)、1回転(63214+上要素(7or8or9)で出せます)、236236、214214
  • キャンセル編
    • 通常技キャンセル必殺技などを練習。
    • 相手となるダミーをCPU操作に変えると、より実戦に近い形での練習ができる。

パッドでの昇竜拳コマンド(623)のコツ

キー操作に力を入れすぎないこと
  • 昇竜拳コマンドが出来ない人の多くは、キー入力で指に力強く入れすぎていることが原因です。
    • 特に、対戦中に焦って操作が激しくなる人に多いです。
    • イメージとしては「キーの上に親指を乗せ、滑らせて入力する」のが最も楽だと思います。
画像で見るパッド操作

PS3コントローラ

IMG_3753

  • グリップ。

IMG_3764

  • デフォルト状態。

IMG_3754

  • 6入力。
    • 親指の先端・お腹部分を滑らせ、キーを押し込む感覚。
    • キー操作の力は箸を持つ程度、卵を掴む程度で十分。

IMG_3755

  • 2入力。
    • 親指の第2関節あたりで押すイメージ。
      6入力で親指の先端を使っている場合、
      指先端を持ち上げると自動的に2入力をする感じになる。
    • キー操作の力は力を入れてもオッケーだが、手元が滑らないように注意。
      力を入れすぎると、汗でパッドを掴む手が緩んでしまい、操作ミスしやすくなる。

IMG_3756

  • 3入力。
    • 同時に親指先端で6入力、第2関節で2入力をするイメージ。
      指先先端の感覚としては、「押す→離す→押す」という3ステップ。
    • ここで力を入れすぎると、3が6に化けることが非常に多い。
      力を入れていいのは2入力の時だけ、と考えよう。
実際の操作動画

XBOX360パッド

IMG_3757

  • グリップ。

IMG_3765

  • デフォルト状態。

IMG_3758

  • 6入力。

IMG_3759

  • 2入力。

IMG_3760

  • 3入力。
実際の操作動画