• 自分も個人認識をしたのは数回程度なんで微妙ですが、それでも存在を知っていると「????」とならない話。
  • なお、わしも詳しく知らない話が多いので、詳しい方はコメント欄にて教えていただけると、とてもありがたいです。

詳細

どういう人物なの?

  • 格ゲーの大会において、プレイヤーではなく「ギャラリー」(見る専)として参加する個人。
  • いわゆる関東周辺の「規模の大きい大会」「有名ゲーセンの大会」(主にカプゲー?)に多く出没するため、その大会の認知度・規模などを計る「一種のバロメーター」として認知されている。
    • 闘劇はもちろん、スパ4AEの大きな大会・イベントであればその姿を見かけることは多い。
  • 10年以上ギャラリー専として活動している(1994年あたりから目撃情報あり)ため、古くから活動する格ゲープレイヤーならたいてい知っているはず。

なんで「格闘家」って呼ばれているの?

  • 天井が低めのゲーセンで観戦中に興奮し、突然右手を突き上げてその場で大ジャンプ。
    天井に拳が命中、天井を大きく突き破った。
    彼の周りの観客は口々に「すげー、昇龍拳だ!!」「格闘家!奴は格闘家だ!!」
    これが「格闘家」というネーミングのルーツ。

危ない人?

  • ギャラリーとしてプレイヤーを煽ったり、叫んだりする。するだけ。
  • わりと危ない人ではあるが、いきなり襲ってきたりとかはしない。はず。

まとめると?

  • 「格ゲー界の三峯徹」という認識。
    • あそこまでポジティブに肯定できる人ではないですけど。
  • なお、あまりにもネタな存在すぎて「格闘家bot」なるものが出来てました。需要がどこにあるんだ!