• 新生活応援フェア!(ステマ

一人暮らしを始めるときに

生活家電のセレクトについて

  • 基本的に「自分が持っているスキル」と「予算」と「手間」の相談になります。
    • 学生さんなら時間はあるので自炊するために炊飯器、電子レンジなどの調理家電や調理器具を購入するのもアリ。
      逆に、社会人ならば外食で済ませる事もできるため、無理に購入する必要はありません。
最低限あったほうがいい生活家電

a0150_000104_m

  • 冷蔵庫
    • 買い物の回数を減らせます。料理スキルを得られる可能性が増えます。
    • 近場に商店街やスーパーがあり、帰りに寄れるなら「その日使う分だけを購入する」ということも出来ます。
  • 炊飯器
    • ご飯を炊くことで自炊が可能になります。料理スキルを得られる可能性が生まれます。
    • ごはんを炊く場合、米を買う必要があります。米置き場や食材なども踏まえると、料理に対するやる気がある程度持っている人向けでしょう。
  • 電気ポット
    • カップラーメンに限らず、お茶を入れたりも出来ます。
    • 毎回お湯をわかすのも悪くはないですが、手間が増えます。
  • 洗濯機
    • 洗濯は日常生活を送る上で不可欠です。
    • 住まいの近くにコインランドリーがあれば購入する必要はありません。
      が、コインランドリーに行く手間、服を運ぶ手間が発生します。

ゲーマーならではの問題

ネット回線について

ネット対戦をしているとラグが頻発する
  • 原因:
    CATVなどの「ネット回線を建物で共有している物件」の場合、通信が混雑しやすくなり、回線速度が一定ではなくなる。このため、ラグが発生する。
    • 同じ建物に住んでいる人が配信を見たり行っていると、回線をより多く使用するのでラグが起こりやすくなる。
    • 特に夕方以降になると帰宅してネット回線を使う人が増えるため、相対的に圧迫されやすくなる。
  • 対策:
    お金はかかるが、自分専用のネット回線を引く。
    • 月額料金はかかるものの「安定したネット対戦が可能」というのは大きなメリット。
    • ちなみに、ネット回線を新規で引く場合はネットから業者に頼むとやたら安くなったり、家電などが料金割引で購入できたりします。
      こういったサービスをうまく使い、低コストで楽しいゲームライフを送りましょう。
プロバイダについて
  • 前述した住居型共有回線で利益を上げている「JCOM」は評判が良くない。
    • 「so-net」「nifty」などは評判はいい。
    • 回線速度の「上り」「下り」も重要だが、通信が安定しているかは重要な問題。

電気について

電気代がかさむ
  • 原因:
    ネット対戦に必要なゲーム機やルーターなどで電力を消費する。
    遅くまでゲームをしているため、暖房や冷房などで消費する。
  • 対策:
    使わない家電の電源、照明をこまめに消して待機電力を減らす。
    ゲームをプレイするときの環境は、電気をなるべく使わない環境にする。
    (電気ひざ掛けをしたり、ガラスに断熱シートを貼るなど)


  • 電気ひざ掛けは低コストですが、下半身をしっかり温められるので格ゲーやるときに重宝します。


  • 「窓ガラスから逃げていく熱を抑えこむ」「入ってくる冷気を抑えこむ」という2つの役目をしてくれる断熱シート。
    コストのわりには効果が長く続くので便利です。目隠しにもなります。

騒音について

スティックの操作音が響く
  • 原因:
    物件によっては壁が薄く、音が漏れてしまう。
    もしくはプレイヤーの操作音が平均よりも大きい。
  • 対策:
    静音スティックを使用する。布団をかぶって操作する。
    スティックに布切れなどを入れ、音が響かないようにするなど。
    立ち回りでどうにかなることもあるが、根本的な対策になるとお金が掛かってくる。
  • 静音スティックといえば「RAP V サイレントHAYABUSA」である。ただ、レバーに癖があるのが悩みどころ。


コメント

  • 格ゲーマーは人なので、生活習慣をきっちり確立してから格ゲーをしましょう。(ブーメラン)
  • スティックを静音にしたり、ラグを少なくするためにルータを変えるなど、より良い対戦環境構築にはお金が掛かります。
    上手くやりましょう。
  • 関連記事:春から一人暮らしをする格ゲーマー向けTIPS