• 「格ゲーを始めたばかりの人が上手くなるには、まず何をすればいいか」についてのアドバイスです。

格闘ゲームに慣れよう!

  • 格闘ゲームに慣れるための流れを説明していきます。

1-1.ゲームに慣れよう!(出来れば家庭用で!)

  • 身も蓋もない言い方ですが、「格ゲー未経験者がゲーセンでいきなりデビューして経験者に勝とう!」ってのは相当厳しいです。
    まずは自分の好きなペースでじっくり練習、対戦出来る環境を作り、格闘ゲーム自体に慣れていきましょう。
  • スティック(アケコンとも言います)、パッドなど操作機器は自由です。
    ただ、もしゲーセンで対戦するつもりならば、早めにスティックに慣れておいた方が効率的です。
    もちろん、スティックに慣れるための練習時間も必要になるので、最初はパッドで遊ぶのも十分ありです。お金も掛かりますしね。
    • 最近はパッドでも大規模大会に参加・優勝する人も増え、「格ゲーはレバー有利・パッド不利」とは言えなくなってきました。
  • 家庭用ハード、ソフトを持っていない人は、ゲーセンで50円格ゲーを遊んでみるのもOKです。
    1プレイが安いし、対戦相手が少ないタイトルの場合、乱入されにくいのでCPU戦で格闘ゲームに慣れる練習がしやすいです。
  • ちなみに、この時点から一緒に格ゲーをやってくれる友達がいる人はその時点でちょっと有利です。格ゲーをリアルで遊べる相手がいると、いろいろな点で楽しく、また遊びやすくなります。

1-2.どの格闘ゲームを買えばいいか?

  • 格闘ゲームには「2D格闘ゲーム」「3D格闘ゲーム」の2種類があります。
    2Dと3Dではゲーム性も大きく違います。
  • このサイトではほぼ「2D格闘ゲーム」を取り扱うので、2D格闘ゲームを選びましょう。
    • おすすめタイトルについてはこの記事の最後で紹介しています。
2D格闘ゲーム・代表作
  • 分類1:空中ダッシュ、空中ガードがないゲーム
    • 「ストリートファイターシリーズ」(カプコン)
    • 「キング・オブ・ファイターズシリーズ」(SNK)
  • 分類2:空中ダッシュ、空中ガードがあるゲーム
    • 「ギルティギアシリーズ」「BLAZBLUEシリーズ」「P4Uシリーズ」(アークシステムワークス)
    • 「電撃文庫 FIGHTING CLIMAXシリーズ」(セガ)
    • 「アルカナハートシリーズ」(エクサム)
    • 「UNDER NIGHT IN-BIRTHシリーズ」「MELTY BLOODシリーズ」(フランスパン)
    • 「カプコンVSシリーズ」(カプコン)
3D格闘ゲーム・代表作
  • 「鉄拳シリーズ」「ソウルキャリバーシリーズ」「ポッ拳」(バンダイナムコ)
  • 「DEAD OR ALIVEシリーズ」(コーエーテクモゲームス)
  • 「バーチャファイターシリーズ」(セガ)

2-1.チュートリアルモードをプレイしてみよう!

  • ここからは家庭用でのプレイを前提にして話を進めていきます。
  • 近年発売されている格闘ゲームのほとんどに、チュートリアルモードが搭載されています。このモードでは基本的な操作はもちろん、格闘ゲームならではの操作やテクニックなども説明されているので勉強になります。
STEP 1: いろんなキャラを触ってみよう!
  • 格闘ゲームにはそれぞれ個性的な外見のキャラクターがいます。
    まずはいろいろ触ってみましょう!
STEP 2: 暫定持ちキャラを決めよう!
  • 色んなキャラを触って、しっくりくるキャラ(=メインキャラ)を決めましょう!

3.アーケードモード、ストーリーモードをクリアしよう!

  • チュートリアルモードで操作してみたら、しばらくは「『格闘ゲーム』というゲーム」に慣れていきましょう。
STEP 1: 難易度VERY EASYでアーケードモードをクリアしてみよう!
  • 一番分かりやすい目標として、「アーケードモード」「ストーリーモード」のクリアがあります。
    難易度を簡単にしても、格闘ゲームに必要な操作が分からなかったり、操作に慣れていなければクリアは難しいです。
    • 難易度はOPTIONモードから変更出来ます。
  • 説明書、Wikiを見ながらプレイしたりコンティニューしてもいいので、まずはクリアを目標に遊んでみましょう。
    • タイトルによっては、初心者でも格闘ゲームが遊びやすいようにデザインされた操作モードがあります。
    • 「ボタン連打するとコンボになる連携を出してくれる」「攻撃をしていない時なら相手の攻撃を自動的にガードしてくれる」などのサポートがあり、ゲームに慣れるための手助けになるでしょう。
  • ゲームによってはストーリーモードがあります。こちらは戦闘があるもの、ないものがありますが、ゲーム自体をアニメのように楽しめるのでこれはこれで大変楽しいです。
STEP 2: 難易度EASYでアーケードモードをクリアしてみよう!
  • STEP1から難易度を一つ上げてみましょう。相手の動きも少し変わってくるので、気を引き締めていきましょう。
ステップアップ!
  • 最初のうちは自キャラを見ながら操作し、CPUを倒していきましょう!
    慣れてきたら、主に相手キャラを見ながらゲームをプレイしましょう。

4.トレーニングモードを使ってみよう!

  • トレーニングモードは、格闘ゲームプレイヤーにとって非常に重要なモードです。
    このモードでは様々な状況を設定して練習することが出来ます。
STEP:1 必殺技を出してみよう!
  • コマンドリストを見ながら、キャラそれぞれに設定された必殺技を出してみましょう。
    • 通常技と違い、必殺技を出すには専用のコマンドが必要となります。
    • コマンドリストはトレーニングモードのメニュー画面から表示できます。
  • 必殺技を出しながら、それぞれの特徴(飛び道具、移動しながら攻撃する、投げ技など)を覚えていきましょう。
STEP:2 超必殺技を出してみよう!
  • キャラそれぞれに設定された超必殺技を出してみましょう。
    • 超必殺技は必殺技より強力かつ個性的な性能です。が、強力なだけに技を出すのにゲージや特殊な条件が必要だったり、コマンドが長くなっており、難易度が上がります。
      慣れるまではガチャガチャ操作することでしか技が出せないかもしれませんが、少しずつ狙って出せるように遊んでいきましょう。
      コマンド練習はイライラするポイントなので、出せそうもないときは日を改めて遊んだり、別の練習をしてもOKです。
ステップアップ
  • 「思った通りにキャラを動かす練習」「技を狙って出す練習」「技を繋げてコンボする練習」あたりをやってみましょう
    ダッシュ、バックステップなどはもちろん、必殺技、空中必殺技、超必殺技などを出すのも非常に重要な練習です。特に「必殺技を出したい時に出せるかどうか」は今後のステップアップや対人戦にも関わる項目です。5回連続で狙った技を出せるようになれば合格 といったところでしょうか。
  • 家庭用にあるチャレンジモードはある程度の基本的、実戦的なコンボを教えてくれます。
    しかし、後半になると見ためがいいだけのコンボ、操作難易度が高いだけのコンボが増えてくるので、飽きたらやめましょう!

最後に

  • 以下にPS3で発売している個人的お勧めタイトルを紹介します。
    もちろん、自分のやりたいタイトルがあるならば、そのタイトルを遊ぶのが一番の正解です。

ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド(PS3)


  • 有名RPGシリーズの格闘ゲーム化。値段が安い上、システムが初心者でも入りやすいタイトル。
    ボタン同時押しが多いために慣れは必要だが、キャラを動かす楽しみは味わいやすい。

ウルトラストリートファイター4(PS3・PS4・PC)


  • 世界で一番有名な格闘ゲームタイトルである「ストリートファイター」シリーズ。現在最新作である「ストリートファイターV」はPS4とSteamのみで販売しており、デビューにはPS4orハイスペックなPCの購入が必要になる。
    そこで「PS3で発売されている」「過去シリーズの決定版」である「ウルトラストリートファイター4」をチョイス。
    さすがにメインストリームがストVになって初心者は減りつつあるが、複数回の調整を経てキャラバランスはかなり良好。空中ダッシュや2段ジャンプがないため、昔ながらの「距離の駆け引き」が重要で分かりやすい格闘ゲームに仕上がっている。

BLAZBLUE CENTRALFICTION(PS3・PS4)


  • ラジオ化、アニメ化、漫画化、舞台化と多くのメディア展開があり、綿密に練り上げられた世界観、キャラクター人気の高さから女性にも人気のあるタイトルである。もちろん、格闘ゲームとしてもエッジの効いたスピーディなゲーム性から格ゲーマーにも人気を博している。この「BLAZBLUE」(ブレイブルー)シリーズの最新作、発売は2016年10月。ゲームセンターでプレイすることも可能だし、もはやネットでも数多く話題になっている「ぶるらじ」を見てみるのもいいだろう。
電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION(PS3・PS4)


  • 日本で最も人気のあるライトノベルレーベル「電撃文庫」に登場するキャラクターを操作できる格闘ゲーム。それが「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION」である。
  • これまでに紹介した格闘ゲームと違い、メインキャラとサポートキャラを選択して対戦するため、キャラセレクトでの個性が出やすくなっている。スピーディな展開を好む人、電撃文庫ファンにはお勧めのタイトル。
  • 公式サイト