• 防御の基本である「ガード」について。

ガードの基本

1.地上では「1入れしゃがみガード」をする

  • ガードの種類によって、防げる攻撃は違います。
    • しゃがみガード(1入れ)は上段攻撃下段攻撃をガードできます。
      • 中段攻撃をガードできません。
    • 立ちガード(4入れ)は上段攻撃中段攻撃をガードできます。
      • 下段攻撃をガードできません。
    • 飛び道具は基本的には上段攻撃なので、立ちガード・しゃがみガードの両方でガードできます。
  • つまり、
    ・【地上でしゃがみガードをしていれば上段攻撃下段攻撃をガード出来る】
    ということです。
    • 地上で出せる中段攻撃は発生が遅かったり、見切りやすいものが多く、慣れれば見てから立ちガードに切り替えられます。
      (もっと慣れてくれば「中段読みで立ちガードして、硬直に反撃を叩き込む」といったことも出来ます)
      とはいえ、まずは基本である「しゃがみガード」を手癖にしましょう。
しゃがみガードを覚えるためには
  • 例:アーケードモードのCPUを相手に、しゃがみガードで相手の攻撃を防ぎながらクリアしてみる。

2.ジャンプ攻撃は立ちガードする

  • ジャンプ攻撃は例外こそありますが、基本的には中段判定です。
    つまり、「立ちガードでしか防げない攻撃」です。
    対戦中は相手キャラ周辺を見ながら戦うのですが、相手が浮いていることを確認したら、まず立ちガードする準備をしましょう。

3.通常技はガードが成功していればノーダメージ

  • 大変重要なことです。
    ガードが得意ではない人や格ゲー初心者は「相手に技をガードさせられた」時点で「相手に攻撃されている! コワイ!!!!1」となってしまい、思考が吹っ飛んでしまうことが多いです。
    しかし、通常技はいくらガードしても基本的にはダメージを食らいません。
  • 「崩されなければダメージは喰らわない」ということを意識し、攻めが途切れたり、崩そうと仕掛けてくるところを見逃さないようにしましょう。

ガードがうまくなるには

  • 簡単に言うと、ガードの上手さは「中段を立ちガード出来るか」が重要です。

1.基本はしゃがみガード

  • しゃがみガードは地上戦の基本です。
    基本的に地上で出せる中段攻撃は下段技より発生が遅いため、「しゃがみガード→(攻めに隙間を感じたら)立ちガード」とすることで簡単な打撃での崩しは防ぐことが出来ます。

2.相手の崩し技を覚える

  • 相手が崩しで使ってくる技を覚えることで、相手の崩し技に反応してガードを切り替える事ができます。
  • 「単発で出せるのか」「特定の技をガードさせた後に出せるのか」などを知っておくと、崩しタイミングを予測することが出来ます。
    相手がどう崩しに来るかを予測して動けるようになると、ガード精度も上がってきます。

3.攻撃をガードさせられても焦らない

  • 相手の攻撃をガードさせられてしまうと「相手の攻めターンだ!」「抜けられるかな…」「自分と相手のゲージはどんな状況だっけ!?」といろいろ慌てて考えてしまったせいで、相手の攻撃で崩されてしまうこともあります。
  • まず、ガードしている時はまだ崩されていません。崩し技が通ってしまった時がピンチなので、それまでは慌てず、相手の攻めを捌くことに集中しましょう。

4.ガードさせられたら相手をよく見る

  • 技をガードしてしまった時は「相手が何を狙っているか」を意識しましょう。
    突進技を持っているキャラは通常技をガードさせた後に突進技で間合いを詰めつつ攻撃しようとしているかもしれません。
  • 飛び道具をガードする時は「相手が今何をしているか」をよく見て、次の動きに備えましょう。
    • こちらにダッシュなどで接近している時は「飛び道具をガードさせ、ガードしている間に近づいて攻めよう」としています。
    • 相手が次の飛び道具を準備している時は「飛び道具を意識させてこちらを動かそうとしている」という時です。

5.前に歩いている時はガードが出来ない

  • 前に歩いている時、相手の攻撃はガード出来ません。
    つまり、相手に近づこうとして前に歩いている時は相手の牽制技・飛び道具などをガードすることが出来ません。
  • なので、相手の攻撃が当たる位置にいる時は無理に前歩きをしないようにしましょう。

実戦的な知識

1.地上中段技が2連続で来ることは少ない

  • ゲーム、キャラ、状況によりますが、小技などから中段を出してきた時、その技をガードした後に中段を迫ることは少ないです。
    なぜなら「地上で出せる中段は崩しとして強力だが、ガードされると反撃が確定する」という特性を持っている事が多いからです。
    • ただ、中段をガードした後に暴れなかった場合、相手は再度中段を打ってくることがあります。
      中段をガードしたら発生の早い技で暴れるのは、相手の攻めを潰すためにも重要です。

2.固めは中段が来なければしゃがみガードだけでOK

  • 地上固めとして下段>下段>上段攻撃」「下段>上段攻撃>上段攻撃」「下段>上段攻撃>上段攻撃というパターンがある時、この3つは全てしゃがみガードで防げます。
    このパターンがもっと長く複雑化しても、中段が来ない限り、全てしゃがみガードで防ぐことが出来ます。

3.ジャンプキャンセル出来る技には注意

  • ギルティギア、BLAZBLUEなどのタイトルには「ジャンプでキャンセル出来る通常技」があります。
    この技はガードさせた後にジャンプし、そこからジャンプ攻撃(=中段攻撃)を仕掛けることが出来ます。
  • つまり、地上ではしゃがみガード安定であっても、【相手が空中に飛んだ時は立ちガードに切り替える】という必要が出てきます。

ガードの練習方法

  • トレーニングモードのレコーディング機能を使って練習してみましょう。

1.下段攻撃をガードしてみる

  • 相手が攻撃をしてきそうだな、と思ったら、1入れでしゃがみガードをしてみましょう。
実戦で下段を狙ってくるポイント
  • 1.起き上がりでの重ね(攻め継続、暴れ潰しなど)
  • 2.牽制(リーチの長い下段技で牽制)

2.地上中段攻撃をガードしてみる

  • 相手が中段攻撃をしてきそうだな、と思ったら、4入れで立ちガードをしてみましょう。
  • 地上中段攻撃は基本的に発生が遅め+特徴的なモーションがあることが多く、それを見たり読んだりしてガードします。
実戦で中段を狙ってくるポイント
  • 1.起き上がりに直接中段を狙う(しゃがみガード狙い)
  • 2.下段を中心とした固めを繰り返したあと、中段を出してガードを崩す(下段を固めてから)
  • 3.空中で受け身をした後、着地するところを狙って中段を重ねる(着地してガードするところを狙う)
  • 4.ダッシュなどで一気に近づいてからの中段(ガードを固めたところを狙う)
  • 5.体力残りわずかな時にとどめとしての中段(殺しきり目的)

3.飛び道具をガードしてみる

  • 相手が飛び道具を撃ってきたのを確認したら、自キャラに当たる直前でしゃがみガードしましょう。
    • 下段の飛び道具というのもあるにはあるので、飛び道具の性能は早めに調べておきましょう。

ガードのプロは何を考えているのか?

ガードの達人「FAB」さんの解答